銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

Lubitel166Bの整備 

久しぶりにカメラのボディが増えた

lubitel 01_R

ずっと昔から、機会があれば使ってみたいと思っていたソ連のカメラ
昔は高かったんだけど、カメラのムックと同じくらいの値段だったので、ちょっと試してみるつもりで購入

lubitel 02_R

有名なスメナ8MのレンズはT-43だったが、これはT-22
レンズ周りも同じような意匠

lubitel 03_R

シャッターチャージ後のレンズ周り
左からシャッターチャージレバー、シャッターレリーズレバー、シンクロ接点、絞り設定レバー、シャッタスピード設定レバー
シャッターチャージ後のチャージレバーとレリーズレバーが近すぎてシャッターレリーズがやりにくい・・・

lubitel 03_1_R

ピント合わせは古いリコーフレックスと同じで、歯車式
シャッタースピードは最速1/250まであるので意外に使える。遅い方は1/15までで、普段使いではこれで十分

ルビテルシリーズの晩期のものは、共産主義末期のため組み立て精度が悪いとの評判があるので、念のためテイクレンズでピントが出ているか確認してみたんだが、無限遠どころか、そもそもどこにもピントが合わなかった

ヘリコイド一周以上ズレているという・・・

lubitel 12_R

距離指標はビューレンズの方にあるが、どういうわけか、1.4、2、2.8、4、5.6、8、11・・・と絞り値みたい

ビューレンズの方は距離が合っているみたい。テイクレンズの方に距離指標があると良かったんだが・・・

lubitel 04_R

レンズが汚くて、シャッターもオイル切れでギスギスしていたので、バラすことにする
テイクレンズのユニットはどこにも連携がないので、フィルム室側のネジ4本を外すと・・・

lubitel 05_R

ボロっと外れる

lubitel 07_R

ピントは前玉回転式
ストッパーが無くグリスも緩かったので、くるくる回すと簡単に外れてしまう

ピントが合ってたら、いらないピント合わせをやり直さなければならなかったが、どうせピントがメチャクチャなので、全然気にしない

lubitel 08_R

レンズの汚れは前玉の裏だったので、ついでに清掃

lubitel 09_R

レンズシャッターにありがちな構造なので、どんどんバラす
上の方の切欠きが調速を担っている

lubitel 10_R

シャッタースピード関連の上の方のギアと、右下のセルフタイマーを洗浄しておく

lubitel 11_R

ファインダーも汚くて、清掃した
分厚いコンデンサレンズが入っているのでものすごく明るいのだが、ピント合わせは真ん中のすりガラスでしかできない

清掃したがピントの山がわかりづらいし、ちょっと斜めから見るとすぐに周りがケラれるし、どこまでが写るのかさっぱりわからない

で、テイクレンズのピントはルーペで無限遠と5.6m、2mでだいたい合うように調整して、試写に行ってきましたとさ

試写は次回
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: カメラ

Posted on 2017/08/06 Sun. 23:43 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

スナック? 

201707 leica3c jupiter8 silver FP4 03_R

スナックじゃなかった

LeicaIIIc / Jupiter8 5cm f2.0 / Ilfprd FP4+
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Leica

Posted on 2017/08/03 Thu. 22:15 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

廃タイヤ 

201707 NikonF kodak200 13 NewNikkor85mm f18_R

予想通り、暑苦しい写真になった

Nikon F/New Nikkor 85mm F1.8/Kodak200
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Nikon F System

Posted on 2017/07/31 Mon. 21:55 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

とっても明るいZuikoレンズとOM-2Nの整備 

最近カメラのボディが増えることはめっきりと減りましたが、ハードオフの定期巡回は欠かさず行っております。

今回の定期巡回では、いままでで一番の「これ値付け間違ってるだろう」をゲットしてきました。

他の方々のブログでは時々「とんでもなく値付け間違えレンズ・ボディ」自慢を見ることが多く、期待に違わず羨ましがっているおとにゃんですが、とうとう肩を並べる時が来ましたね。

zuiko50mm restore-01_R

最近ではジャンク箱の中のオリンパスOMレンズは珍しくなっていますが、昔は50mm f1.8なんて、そこら中のハードオフのジャンク箱に転がっていましてね、今回もいかにもOMレンズ的な小ささに、最近めっきり見なくなった50mm f1.8だと思ったんですが・・・

zuiko50mm restore-02_R

あ、f1.2だ・・・

初めて見た(笑

zuiko50mm restore-03_R

「しぼりがダメ」
との事だったので、まず絞り羽根を露出させましょう。

絞りは油が浮いていて粘っていただけなので、清掃して終了です

zuiko50mm restore-04_R

コバ落ちが目立つので前群も分解。結論的にはここまで分解しなくても良かったんですけどね

まあ、余計な分解のせいでホコリとか入っちゃったんですけど、レンズ自体はキレイで、ジャンク箱に無造作に入っていたけど、ほとんど傷がありませんでした。




ところで、うちのメインのOM-2Nはブログ開設当初から使っているカメラです
手に入れた段階で履歴が分かっており、保管状態がよくほとんど使用されていないカメラでした

小型軽量で、オートが便利なのもあって色んな所に持ち出して来たお気に入りのカメラです

しかし知っている人には周知の事実としてOM-1/2の持病でペンタプリズム腐食というのがありまして、ハードオフにある同機種でプリズムがまともなカメラは見たことがないくらいです。
プリズムとストロボ接点の間に挟まっているモルトが加水分解することによる持病です。

軍艦部を開けるのはそんなに難しいことではないので、腐食する前にモルトを除去してしまえばそんなものに怯えながら過ごさなくても良いのですが、うちのOM-2Nは巻き上げレバーを外すことができないという、これもOM-1/2の軍艦部が外れない理由ベスト1になりそうなトラブルが有り、10年間ずっと手付かずになっていました。

将来的にファインダーがダメになって使えなくなる、という悲しみを忘れるかのように、いつの頃からかOM-2Nを避けるようになっていた、という・・・

で、今回ネット上で巻き上げレバーをうまく外されている方がいるのを発見したので、お酒の力もあってトライすることにしました。

OM2N restore-01_R

方法は特殊なものを使用するものではありません。レバーの抑えネジの上にガムテープを貼って、カニ目の部分にカニ目外しをあてがって反時計回りに回すだけ。

OM-2/1の巻上げレバーのカニ目は実はただの飾り蓋で、何も考えずにカニ目外しをあてがって回すと、かなり高い確率で空振りして激しい傷がついてしまいます。本来なら蓋を剥がして本物のカニ目が付いた巻き上げレバーの抑えネジを露出させカニ目外しで外すんでしょうが、蓋を剥がすとこれも高い確率で再生できなくなってしまうため、素人レストアラーはアメゴムなどで飾り蓋ごとレバーの抑えネジを外すのが一般的で、うちのOM-1はそれで外していました。

OM2N restore-02_R

というわけで、そこさえクリアしてしまえば、なんの難しさもないので・・・

OM2N restore-03_R

プリズムは大丈夫でしたが、モルトは予想通り腐ってました。

モルトは完全に除去して、習字の下敷きを切ったものを挟み込みました。

これで、プリズム腐食に怯えずに生きていけます!!!
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Olympus OM system

Posted on 2017/07/28 Fri. 18:30 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

百日紅 

201707 NikonF kodak200 11 NewNikkor85mm f18_R

Nikon F/New Nikkor 85mm F1.8/Kodak200

実家から引き取ってきたカメラとレンズのロードテスト

MFの85mm f1.8は結構評判の良いレンズのようだ

AFレンズになるまでAi化はされていないレンズなのだが、Ai改造されたものをAi Nikkor 85mm f1.8と勘違いして紹介されているのをよく見るそうな
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Nikon F System

Posted on 2017/07/27 Thu. 17:52 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村