銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

今年の梅雨 

2013.06 YashicaElectro35MC Acros100-06R

空梅雨気味だったけど、もうすぐ終わりかな

Yashica Electro 35MC/Yashinon-DX 40mm f2.8/Fujifilm Acros100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm YashicaElectro35s

Posted on 2014/06/28 Sat. 17:46 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

社名は 

2013.07 Rollei35 NeopanSS-12R

ざっくりとした社名

Rollei35/Carl Zeiss Tessar 40mmm f3.5/Fuji NeopanSS
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Rollei35

Posted on 2014/06/26 Thu. 23:47 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

羽根、飛んだ・・・ 

先日レストアしたヤシカ72-Eですが、フィルムを一本撮り終わり、空シャッターを楽しんでいたところ、突然巻き上げの感覚が変になり・・・

R0016364_R.jpg

ふとレンズを見たらシャッター羽根が飛んでましたとさorz

一度シャッター羽根を分解して清掃したことがあるので、その時のネジが緩んでしまっていたのかもしれません。

フィルム室からネジを4本外し、軍艦部と底板を外し前板を外すと。ボディから鏡胴が外れます。
ただし、露出計につながるコードがあるので断線に注意です。

R0016366_R.jpg

鏡胴を後ろから攻めると、シャッター羽根が露出します。

R0016368_R.jpg

飛んでしまったシャッター羽根を除去して、羽根の駆動リンクは清掃しておきましょう。

R0016370_R.jpg

シャッター羽根の並び方は分解前に記録をしてあるので、その通りに置き直します。羽根の変形はありませんでした。
羽根の並びを間違えるとシャッターがうまく作動しません。以前もそんなことがありました。 →クリック

R0016375_R.jpg

カバーを戻して終了です。

R0016377_R.jpg

今回は幸運なことに30分位で完成しました。でもシャッター羽根の分解清掃って、慣れるまでは賽の河原の石積みのようで、積んでも積んでもちょっと手元が狂っただけで羽根がバラバラ・・・を繰り返す(笑

R0016274_R.jpg

さて、二本目を写しに行こうかな・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ Yashica72-E

Posted on 2014/06/25 Wed. 22:47 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 3

おしながき 

2013.05 Rolleiflex FujiPro400-3-11R

そろそろ夏だし

Rolleiflex Automat MX / Carl Zeiss Tessar 75mm f3.5 /FujifilmPro400
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 中判 Rolleis

Posted on 2014/06/23 Mon. 23:51 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

船、山に登る 

2014.5 7700i 50mm2.8 IlfordFP4+ 17_R

なぜ?

Minolta α7700i/Minolta Macro AF 50mm f2.8(32)/Ilford FP4+ 125

カメラのレストアが終わらないので、更新忘れてました・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Minolta α system

Posted on 2014/06/20 Fri. 23:29 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

若芽 

2014.5 NewF-1 100mm macro FP4 24_R

Canon New F-1/New macro FD 100mm f4/Ilford FP4+ 125
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Canon FD system

Posted on 2014/06/15 Sun. 22:49 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

びっくり? 

2013.10 Rollei35 super X-tra 21_R

誰でしたっけ、このヒト?

Rollei35/Carl Zeiss Tessar 40mmm f3.5/Fuji Super X-tra400
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Rollei35

Posted on 2014/06/14 Sat. 20:42 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

ヤシカ72-E整備 

以前twitterのフォロワーさんから格安でカメラを譲ってもらったことがありました。
ヤシカエレクトロ35MC、FCとジャンクのマミヤ6といっしょにやってきたのが、コレ↓

72E01_R.jpg

実は一番欲しかったのがこのヤシカ72-Eだったのですが、もともとシャッター粘りがあり整備しなければ使えませんでした。
実は、譲ってもらった直後に鏡胴の後ろからアプローチしてシャッター羽根を分解清掃したのですが、粘りは改善せず、エレクトロ35MCが気に入りマミヤ6のレストアがうまく行った事もあって、シャッター粘りは放置したままになっていました。

72E03_R.jpg

露出計はビンビンだったので、やっぱり整備してみようっと・・・
シャッター粘りはおそらく羽根のリンクの汚れ等によるものと思われ、シャッターの完全分解が必要かもしれません。
が、できれば楽して粘りを取りたいものです(笑

72E04_R.jpg

まずセレンを外すとこうなります。
昭和38年製でしょうか?

72E05_R.jpg

ピント合わせは前玉回転式です。銘板を外すとピントリングがネジ止めしてあるので外し、無限遠をチェックしてから前玉を外します。

72E07_R.jpg

前玉。

72E08_R.jpg

中玉。

72E09_R.jpg

後ろ玉と絞りユニットが一緒になっています。

72E10_R.jpg

左下が前玉、右上が中玉と後玉と絞り。

72E11_R.jpg

前からのアプローチだと、ようやくシャッター羽根が露出します。
これで、ベンジンでジャブジャブしても汚れる光学系は無くなりました。
ビハインドシャッターなので、もともとフィルム室から羽根は見えてますし、綿棒で羽根を拭いたり、羽根を分解するだけならこんなに大変なことは不要です。

72E12_R.jpg

ボディから鏡胴を外したかったので、軍艦部を開けてみました。
巻き戻しレバーや巻上げノブは底に付いていて、ファインダーは軍艦部にくっついているので、ボディ側には露出計以外にほとんど部品がありません。

72E13_R.jpg

シャッターチャージは下からします。
フィルム室内のネジをはずし、このバネを外すと鏡胴が外れます。

72E14_R.jpg

レンズや絞りを外したので、シャッターだけになりました。
このままベンジンをジャブジャブかけていきます。

シャッターの粘りは無くなりました。
本当は注油もしておきたいところですがね・・・

72E02_R.jpg

軍艦部の露出計のLVを見て、鏡胴にあるLVをあわせます。
それにしても、ピントリングが控えめで見ていて楽しいです。

72E15_R.jpg

軍艦部がメッキでピカピカしているのはヤシカ共通の仕様ですね。
週末にでも試写に行ってきましょうか。最近ハーフばっかりですが・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ Yashica72-E

Posted on 2014/06/11 Wed. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

先鋭なビル 

2013.10 Rollei35 super X-tra 34_R

Rollei35/Carl Zeiss Tessar 40mmm f3.5/Fuji Super X-tra400
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Rollei35

Posted on 2014/06/09 Mon. 21:02 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

アメリカンスタイル 

2013.12 Kiev4am Hellios Kodak400 12_R

Kiev4am/Helios103 53mm f1.8/Kodak400
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Kiev4

Posted on 2014/06/06 Fri. 00:05 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

淵が好き 

2014.5 7700i 50mm2.8 IlfordFP4+ 13_R

なにか出そうな気がするので・・・

2014.5 7700i 50mm2.8 IlfordFP4+ 10_R

Minolta α7700i/Minolta Macro AF 50mm f2.8(32)/Ilford FP4+ 125
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Minolta α system

Posted on 2014/06/03 Tue. 11:47 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

デミだっ! 

最近、近所に新しくハードオフが開店しました。
なので出撃・・・

ジャンク箱をゴソゴソしていたら、なんか見たことのあるコンパクトカメラを発見。

R0016184_R.jpg

キヤノンデミSです。だって軍艦部にそう書いてある。

ジャンク箱に入っていた理由は、

シャッター不動
鏡胴グラグラ
モルトボロボロ

だからかな・・・

レンズのダメージはほとんどなく、露出計もそれっぽく動いていました。

シャッターが動かないことには、どうしようもないので、まずシャッターを開けてみましょう。
ピント合わせでレンズは回転しないので、ピントが狂う可能性はそれ程なさそうです。

R0016148_R.jpg

シャッターは前から開けていきます。
銘板を外し、レンズ前群を外し、シャッターのカバーを外します。

R0016149_R.jpg

シャッターリングと絞りリングを外すとこうなります。
で、シャッター不動の原因は、単にシャッター羽根が固着していただけのようです。ガバナの固着などはなし。

次は、鏡胴グラグラの修理。

R0016159_R.jpg

前面の貼り革を剥がし、モナカの前面を分解します。

で、軍艦部を外すのですが・・・ 

R0016162_R.jpg

モルトで抑えられていたので、ねじ頭が腐ってるw

R0016164_R.jpg

でも、なんとかかんとか軍艦部が外れました。
なんか後ろにミニハンマーがありますな・・・

R0016167_R.jpg

レンズボードを外すには、露出計を外す必要があります。
レンズボードはモナカ前面の下部とシンクロケーブルでつながっています。

R0016169_R.jpg

鏡胴がグラグラしていたのは、レンズボード裏のネジが緩んでいたからでした。
ネジをすべて締め直して終了です。

R0016174_R.jpg

露出計からアームが伸びていて、レンズボード周りから絞り情報を採っています。

R0016185_R.jpg

デミSはフルマニュアルカメラです。しかし、シャッター組み直し時に大分悩んだのですが、露出計自体はLVを使っていて、そのためシャッタースピードと絞りは連動しています。

R0016176_R.jpg

後は、モルトの貼り替えだけです・・・orz

R0016180_R.jpg

キヤノン デミS レストア完了です。

開放fは1.7です。高級ですね。
で、ピントは目測なのですが・・・
ピクトグラムだけで、具体的な距離が書いてない??

R0016183_R.jpg

裏蓋に書いてありましたw

R0016179_R.jpg

とりあえず、12枚撮りを切り出して試写中です。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ CanonDemiS

Posted on 2014/06/01 Sun. 15:11 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村