銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

記事 

2012.2 yashica snap kodak100-18

気になる・・・

YashicaSnap/YASHICA LENS 38mm f2.8/Kodak400
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm YashicaSnap

Posted on 2012/05/31 Thu. 23:47 [edit]  /  trackback: 1  /  comment: 4

無機 

T2 black 2012.3 kodak100 10

有刺鉄線と鉄塔は嫌いではない。

Kyocera ContaxT2/CarlZeiss Sonnar 38mm f2.8/Kodak100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm KyoceraContaxT2

Posted on 2012/05/28 Mon. 22:59 [edit]  /  trackback: 1  /  comment: 2

飛び出せ、ポスト 

kodak stereo fuji業務用 2012.3-02

何の変哲もありませんが、飛び出させたかったので、つい・・・

Kodak Stereo/Kodak Anaston Lens 35mm F3.5/フジ業務用 ISO100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm KodakStereo

Posted on 2012/05/26 Sat. 23:31 [edit]  /  trackback: 1  /  comment: 2

金環食次第 

kanさんに頂いた露光済大判フィルムを使って、5月21日金環食を撮ってみました。

先日蛇腹作成シュミレーション時に使った画用紙の余りで、簡易フィルターホルダーを作ってみました。

R0013823.jpg

フィルター径67mm用のかぶせ式フィルターホルダーに、半分に切ったフィルムを入れることでNDの露出倍数を調整することが出来ます。
2枚重ねると蛍光灯は見えなくなり、ピーカンでも太陽を撮影することができそうです。

前日に普通の太陽でチェックしたところでは、結構イケてる感じだったので・・・

当日朝、私の住んでいる地域では7時頃から太陽が見えないほどの曇。
日食のピークの前後5分は雨まで降ってました(涙

DSC_1487.jpg

ファーストカットは日食のピークから7分後。光量が少なかったのでフィルター1枚ですが、ぶれてます・・・

DSC_1508.jpg

ようやく雲が切れ始めたのが、15分後。7時50分になってました。

DSC_1551.jpg

7時55分過ぎになってようやく晴れました・・・

NikonD700/AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

コツも掴めたみたいなので、次は2035年9月2日の皆既日食までフィルターを捨てないでおきましょう(笑
うちの近所は食分0.99だそうです。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Nikon F System

Posted on 2012/05/22 Tue. 23:05 [edit]  /  trackback: 1  /  comment: 2

またまた買ってしまったベスト判 

夜中に酔っ払ってヤフオクを徘徊して何の気なしに入札してたら、そのまま落ちてしまいました・・・

01-R0013768.jpg

ベビーイコンタですかね・・・

サビサビで革も劣化し、レンズが埃で真っ白(笑
写真を見る限り、積極的に入札したい感じではありません。

いわゆるベビーイコンタですが、開放Fは6.3と暗く、シャッターはCompurではなく、ネットでよく見る高級そうなものではありません。

簡単に状態チェックしたところでは、
1.レンズ真っ白
2.シャッターが切れる音はすれどもシャッター羽根動かず
3.前蓋が閉まらない(ロックが壊れている)

1000円のカメラなんで、こんなところでしょう。

スプリングカメラでボディとの連携は全く無いので、サクッとばらします。
前玉は埃で真っ白でしたが、清掃したら傷なくクリアでした。
ピントは前玉回転式で、ピンで回り過ぎないようになっているので、精密ドライバーで固定用のピンを外すと前玉が外れます。

02-R0013797.jpg

中玉を外そうとしてカニ目でこじったら、レンズ枠に傷がついてしまった・・・

04-R0013805.jpg

レンズを裏から見たところです。
紙のスペーサーが二枚入ってました。後玉は回せば簡単に外れます。レンズはトリプレットで完全にバラバラに出来ます。黴・傷ないレンズでした。旧家の倉庫にずっと仕舞ってあっただけでしょうか・・・

05-R0013796.jpg

銘板をネジ2つで外すと、調速カムが露出します。
右がシャッタースピード設定、左がシャッタースピードのクリックとB・T設定です。

06-R0013793.jpg

カムの下には、バネとベアリングがあります。分解時に紛失しないように気をつけましょう。

07-DSC_1300.jpg

中玉と銀色のプレートは一体となって外れ、Dervalシャッターが露出します。

08-DSC_1307のコピー

青矢印が調速レバー。金具が外に行くほどシャッター駆動バネに溜めができてスピードが上がります。
シャッターはペンEEと同じ二枚羽根です。
シャッターを切ると緑色のアームが赤いノッチを蹴り上げて、シャッターが切れます。

・・・が、ノッチが長年の摩耗でアームが引っ掛かりません。

10-R0013783.jpg

実はシャッターを切るだけなら、左にあるアームは不要です。
緑の爪が、右のアームを蹴り上げることで、写真一枚前の緑のアームが駆動されるのですが、爪が少し歪んでいて蹴り上げが不十分でした。

緑のアームの微調整だけではダメで、磨耗したノッチにハンダを盛って整形しました。
また緑の爪も曲げて蹴り上げが十分になるように調整しました。

12-R0013812.jpg

Zeiss Ikon 520/18というのが正式名称ですが、その筋ではベビーイコンタで通っています。

TesserレンズにCompurシャッターというのが人気があるようですが、このカメラはNovar-Anastigmat 1:6.3 f=5cmというレンズにDervalシャッター。スピードはT、B、1/25、1/50、1/75という廉価版のようです。

前蓋が閉まらないのは、ロックが変形していたためで、整形して閉まるようになりました。
貼り革と蛇腹は例の如く水性ウレタン塗料で処理し、見栄えも良くなりました。

13-R0013815.jpg

ファインダーは枠だけの素通しです。
でも、長い目で見るとこれが一番壊れにくい(笑

14-R0013816.jpg

圧板はないようですが・・・

15-R0013818.jpg

Zeiss Ikonのカメラなんて、そうそう入手できるものではないのですが、二台目です。

ピーカンではISO100でも露出オーバーになりそうなスペックですが、絞りは11よりも絞れて16位までは行けそうなので、大丈夫かなあ・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ベスト判

Posted on 2012/05/20 Sun. 00:30 [edit]  /  trackback: 1  /  comment: 7

水紋 

20111101106.jpg

水の動きが撮りたくて。

20111101107.jpg

Konica現場監督28WB ECO/KonicaLens28mm/F3.5
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Konica現場監督

Posted on 2012/05/18 Fri. 23:40 [edit]  /  trackback: 1  /  comment: 4

じゃばら~ 

先日、シャッター不良からレストアを行ったヴェスト・ポケット・コダック シリーズIIIですが、蛇腹を開け閉めすればするほど、どんどん瞬く星が増えていき・・・

01-R0013677.jpg

Twitterでぼやいていたら、hoshigarasuさんから、余った革を譲っていただけることになりました。

なので、VPKのオリジナルの蛇腹はお役御免ということで・・・

02-R0013696.jpg

ボディ側です。
細い枠で蛇腹が固定されていて、爪でカシメられています。

03-R0013697.jpg

枠を破壊しないように、丁寧にカシメを広げていきます。手が真っ黒になりました(笑

レンズボード側です。

04-R0013689.jpg

やっぱりカシメられてます・・・
蛇腹を交換しやすくするというアイデアはなかったんですかね?

05-R0013695.jpg

この際ですから、80年間溜まった狭いところの汚れを綺麗にしましょう。

いくらオリジナルが残っているからといっても、蛇腹を自力で作成するというのは、大変なことです。
なので、静山氏が無償で公開して下さっているカメラ用蛇腹の作図プログラムを使用しました。

06-R0013736.jpg

蛇腹折りの練習方々、コピー用紙に印刷してみましょう。
「>カメラ用蛇腹の作図プログラム」は素晴らしいプログラムなのですが、最終的にはサイズを現物合わせしないといけません。

07-163.jpg

オリジナルは途中が絞られていています。素人が蛇腹を作ると右のようなストレートの蛇腹しか出来ません。
蛇腹収納時に障害にならないといいですが・・・

09-171.jpg

試作品の一部です・・・

10-R0013769.jpg

hoshigarasuさんから頂いたのはヤンピー(羊革)ですが、薄くて上質のものです。革単体ではとても折れないので、耐久性のあるクラフト紙に型どりして革に貼り付けます。

12-186.jpg

こんな感じです。仮止めしてサイズはOKのようです。

部品再集合!
ボディとレンズボードにはカシメやネジで固定できるのですが、光線漏れなどが起きないように念のためボンドで補強します。

13-R0013772.jpg

完成です!

14-192.jpg

う~ん、格好いい!

15-R0013774.jpg

ちょっとキツめですが、レンズ収納も大丈夫のようです。

16-194.jpg

さて、おとにゃんのカメラ趣味はどこに行くんでしょうか(笑
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ベスト判

Posted on 2012/05/16 Wed. 11:52 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

また買ってしまったベスト判・・・ 

夜中に寝ぼけてヤフオクを徘徊して何の気なしに入札してたら、そのまま落ちてしまいました・・・

2R0013756.jpg

それなりに有名なカメラなので、知っている人は知っているのですが・・・
各部を見て行きましょう。

3R0013758.jpg

軍艦部? 左からシャッターレリースボタン、シャッターチャージノブ、フィルム巻き上げノブ

4R0013757.jpg

赤窓は2つありますが半裁判ではありません。特殊なスクエアフォーマットです。

重力を使った三速のシャッター。右を上にするとFast、左を上にするとSlow、普通に構えるとNormalです。
海外のサイトを調べたところ、シャッタースピードは各々1/450、1/150(初期は1/50)、1/25だそうです。

4R0013763.jpg

不具合が2つ。
一つはレンズ白濁。向こうがぼんやりと見えます。究極のソフトフォーカスカメラですw

5R0013752.jpg

ちなみに、もう一つの不具合はスローシャッター時にシャッター幕が走り切らず不要にフィルムが感光してしまうことです。

20R0013764.jpg

前者からレストアして行きましょう。
シャッターへはフィルム室からアクセスします。

6R0013737.jpg

シャッター幕が露出しました。幕が走りきった位置です。
幕なんて繊細なものではなくて、鉄の板ですねこれは・・・

このカメラはフォーカルプレーンシャッターですが、シャッタ板は一枚で、板に開いたスリットの幅で露光量を調節しています。切欠きからもう一枚幕があるように見えますがこれはスリットの幅を調整するプレートなので走りません。
チャージの時にもスリットが開いたままでそのままだと撮影前のフィルムが感光してしまいます。
このカメラにはフィルムの感光を防ぐためにもう一つの工夫がされています。

7R0013738.jpg

シャッター板は針金一本で、コの字型の金具と繋がっています。コの字金具は軍艦部の水滴型のチャージノブと繋がっています。
シャッター板は針金で引っ掛けてあるだけなので、簡単に外れます。

8R0013740のコピー

このカメラの最大の肝です。シャッターを切る(黄矢印)と遮光板が反時計回りに動き(赤矢印)光路が開きます。更にシャッターボタンを押し込む(緑矢印)とシャッター板の係止が外れシャッターが走り始めます。
シャッターチャージの時は遮光板が閉じているのでフィルムが露光しません。

また遮光板は中央部が丸く凹んでいるのですが、レンズが沈胴している時レンズの後端が凹みに嵌り込み遮光板をロックします。なのでレンズが収納されている時にはシャッターが切れない仕組みになっています。

9R0013748.jpg

レンズを外すには、遮光板の下の沈胴量を規制している板を外さなくてはいけないのですが、カシメてあるので、見えるネジを外しても取れません。

10R0013749.jpg

しかたがないので、板に割を入れて、カシメを外しました。
レンズ正面にはいかにも外せそうなカニ目がありますが、どうもこれはダミーのようです。
レンズ分解には後ろにあるレンズ抑えをカニ目で外します。

11R0013751.jpg

三枚玉でした。後玉を外したら、他のレンズがバラバラになってしまい、絞りとかスペーサーとかオリジナルの構造がよくわからなくなってしまった・・・

スペースの関係上、レンズの組み付けにはバリエーションはほとんどなさそうだったので、大丈夫だと思いますが・・・(笑 ピント固定のレンズですが、ピントチェックしたところ5mくらいで合うみたいです。

シャッタースピード制御の仕組みおば・・・

13R0013742.jpg

Slow 重力で分銅が垂れ下がるので、スリットがここまで開きます。シャッターを駆動する時に分銅を含めて上に持ち上げないといけないので、シャッタースピードはかなり遅くなります。

14R0013743.jpg

Normal スリットの幅はこのくらい。この個体は1/150くらいのようです。後期型かな?

15R0013739.jpg

Fast スリットの幅が狭くなり、分銅の重さでシャッター板のスピードはかなり早くなります。

で、スローでシャッター板が走り切らない不具合ですが・・・

16R0013746.jpg

シャッター板とコの字金具をつなげている針金ですが、

17R0013747.jpg

直角になるようにしたら、シャッター板の走る距離が少し長くなり、走り切るようになりました。

18R0013753.jpg

ちなみに、これがシャッターチャージ時の係止の様子。

19R0013760.jpg

Purma Special/Beck Anastigmat 2 1/4" f6.3 レストア終了です。
パーマスペシャルでググったら、美容院関係しかヒットしなかった(笑

さて、撮影準備完了です。
なんか最近ベスト判のカメラばっかりだな・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ベスト判

Posted on 2012/05/12 Sat. 14:32 [edit]  /  trackback: 1  /  comment: 8

開店記念 

OM-2 50mm f1.4 2012.3 centuria200 14

風船でおぼえる諸行無常。

Olympus OM-2N/ G.ZUIKO 50mmF1.4/DNP centuria200
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Olympus OM system

Posted on 2012/05/07 Mon. 20:26 [edit]  /  trackback: 1  /  comment: 6

配管 

別になんてことのない、壁面。

Fujica35EE 2012.4 fuji業務100-21

Fujica35EE/Fujinon 1:1.9 f=4.5cm/Fuji業務用100

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Fujica35EE

Posted on 2012/05/03 Thu. 00:33 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村