銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

うなぎや 

先日レストア報告したNikonFですが、なんとなく調子もよさそうなので、
夏の変態オフ出撃メンバー選定も兼ねて、成田にうなぎを喰い試写に出かけました・・・



F SC auto 50mm  presto 201107004

たる

F SC auto 50mm  presto 201107027

ちょっとピンが甘いけど・・・

Nikon F Nikkor S.C.Auto 50mm f1.4 Fujifilm Neopan Presto400

一緒に持っていったレンズは、かなり前からうちの非Aiカメラのメインレンズだった気がしていたのですが、
ブログに写真をアップしたのは2年半ぶりでした・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Nikon F System

Posted on 2011/07/31 Sun. 17:30 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

擁壁・アンティーク 

Taxona Acros 2011.5-38

下地が出てる・・・

Zeiss Ikon Taxona Tesser 37.5mm f3.5 Fuji Neopan Acros
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: スクエア ZeissIkonTaxona

Posted on 2011/07/29 Fri. 21:09 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

道端 

Yashica44 201107 rollei retro-12

ちょと光線漏れしてますが・・・

Yashica 44A Yashikor 60mm f3.5, Rollei Retro 80s D-76 20℃10.5分現像
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ベスト判

Posted on 2011/07/26 Tue. 15:12 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

プールに行こう! 

ヤシカ44Aの試写をしました!

自分で切出したフィルムじゃなくて、以前購入していたベスト判のフィルムですが・・・

で、皆さんご存知のようにベスト判は軸が細いのでフィルムのカールがとても強くフィルムを乾燥させた位では巻き癖は取れません。

ベスト判のフィルムホルダもないし、今までも相当苦労してスキャンしてましたが、平面性を保つのはまず無理です(笑

で、ちょっと調べてみたら世の中には便利なものがあるようです。ちょっと出る用事があったのでヨドバシカメラに寄ってみました。

R0012061.jpg

ありました!無反射ガラス!プリントのときに使うモアレができないガラスです。ヨドバシカメラ謹製(?)です。
しかも今なら叩き売り状態。定価の半額の600円の値札が付いてました・・・

うちのメインスキャナ・キヤノン9950Fには六ッ切サイズがちょうど良いようです。ベスト判なら1本分一気にスキャンできます。

R0012062.jpg

遠くから見るとただのすりガラスですが・・・
フィルムの上にこのガラスを置くとフィルムのカールが取れます。

Yashica44 201107 rollei retro-09

平面性はばっちりです!

しかもヤシコールの写りはシャープでこってり。すごいです。ベスト判でなきゃ常用カメラですよ。
ヤシカ万歳!!(酔ってるw)

Yashica44 201107 rollei retro-10

で、油断するとこんな感じ・・・ 上位機種のヤシカ44であっても二重露光は気をつけないといけませんが(笑

Yashica 44A Yashikor 60mm f3.5, Rollei Retro 80s D-76 20℃10.5分現像
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ベスト判

Posted on 2011/07/24 Sun. 20:58 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

どんどん主流からはずれていくという話 

以前酔ってポチッとしてしまったGeltoですが、ベスト判半載という中途半端なフォーマットのため、手に入れたフィルムの裏紙に番号がなく、規定の半分の枚数しか撮影できないという大問題が・・・

裏紙を観察すると、どうも数字が振ってあるのは4×6.5と4×4のようです。

で、振ってある数字を使って気楽に撮影を楽しむためのカメラを物色しました。

4×6.5だとVPKなどかなり旧いものや、Kodak Brownie系のベークライトもの、後は国産ではアニー44のような簡易カメラ。

できれば、しっかり使えてメカっぽいカメラが良いなあ・・・ ということでベスト判の二眼レフを第一候補に選定しました。

・・・が、どうにも高い。カメラ市などではヤシカ44というカメラが1.5から2万円。ベビーローライになると4、5万なんてざらです。プリモJrやミノルタミニフレックスは弾数が少なすぎて、びっくりするような値段が付いています。

もちろん困ったときはヤフオクです。リサーチすると一番弾数の多いヤシカ系は露出計の状態が良く分からないジャンクLMですら1万前後と、まったく購買意欲をそそりません。

でも、一回欲しくなっちゃったものはしょうがない(涙

しかたがないので、庶民の味方(?)、変態の魔窟「eBay」を当たることにしました。
eBayは魔窟なので、よっぽど変なものが欲しいか、ギャンブルが好きな人以外は足を踏み入れないほうが良いですよ(笑 

eBayのヤシカ44はヤフオクに比べはるかに出品数が多く、少し相場も安いようです。送料を合わせるとあまり国内と変わらないんですけどね。

で、粘ってリサーチを重ねた結果が、これ↓

yashica intro-01

落札してから10日以上かかって日本に到着しました。ずいぶんかかったので落札したのをすっかり忘れてました。
送料込み5500円程。カメラ自体は2500円程なので半分以上が送料です。
魔窟から来た物ゆえ、どんなものが送られてきたか、箱を開けるまではドキドキです。

そもそもベトナム戦争出征のベテラン兵の遺産という触れ込みのカメラだったので、ベトナムでガシガシ使われたカメラだと結構とんでもないことになっているかも・・・

R0012039.jpg

じゃーん!50年ぶりの里帰りです。

yashica intro-03

写真は清掃後。
ボディは全体的に黒くて、レンズには指紋やらカビやらがありますが、大きな傷はなさそうです。

yashica intro-04

ビューレンズ。ヤシコール60mm f3.5。汚れは前玉だけだったらしく、洗浄したらきれいになりました。

yashica intro-05

テイクレンズ。ヤシコール60mm f3.5。こちらも汚れは前玉だけ。すこし擦り傷がありましたが非常にきれいなレンズです。上下のレンズは銘が同じなのだが、まったく同じレンズなのかしら・・・

シャッターはコパル。スピードは1/25、50、100、300とバルブです。絞りは3.5、4、5.6、8、11、16、22。
スローもセルフタイマーも無く、シャッターチャージは巻上げとは連動していません。

yashica intro-08

フィルム巻上げは赤窓式です。セルフコッキングやセミオートマットなんてものはありません。

はい、これはいろんなところで紹介されているクランク巻上げ・セミオートマット式のいわゆるヤシカ44ではなくて、赤窓式でスローやバヨネットが省略されているヤシカ44Aでした。日本と異なりアメリカでは後者のAのほうが圧倒的に数が出ています。

yashica intro-06

左側にはピントノブ。真ん中はただのフィルム感度覚えです。アクセサリーシューの場所がおしゃれ。

yashica intro-07

右側には巻き上げノブしかありません。巻き上げのカチカチっという音が安っぽくて、廉価カメラっぷりが漂います。

yashica intro-09

フィルム室を確認しましょう。「O」のほうにリングを回すと固定金具が外れます。「C」はもちろんcloseの略です。

yashica intro-10

USE 127 FILM ONLY です。127判以外の何者も寄せ付けない意気込みが伝わってくるかのようですw
圧版が銀色で格好いいですね。

yashica intro-12

フィルムは下に向かって巻き取るようになっています。
うれしいことに巻き取り側に金属製のスプールが残っていました。

yashica intro-13

ファインダーは暗くて、フードが小さいせいか周りの光が入ってしまいピント合わせが難しそうです。

yashica intro-14

愛機唐津ローライコードと並べてみました。当たり前ですがサイズが大分違います。
持ってみるとヤシカ44Aのほうが重量感があります。

yashica intro-15

ローライコードのファインダーもかなり暗いのですが、遮光ができているためかヤシカ44Aに比べピントあわせは楽です。

yashica intro-16

左手でホールドして右手でピントあわせ&シャッターレリーズに慣れているので、ピント合わせが左手だとカメラをどのように固定したら良いのか悩んでしまいます。

yashica intro-17

早速試写結果と行きたいところですが、週末まで時間が無いのでまだ撮影に出動していませんw

ところで後で気付いたのですが、実は購入したベスト判のフィルムには数字は振っていないだけで半載判用の印もあったのですが・・・まあ、いいや(笑
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ベスト判

Posted on 2011/07/20 Wed. 21:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

金属感 

pentax67 135mm 400Tmax 201106-05

なかなか再現できない・・・

Pentax 67 SMC macro-takumar 135mm f4 Kodak T-Max400
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 中判 Pentax67

Posted on 2011/07/18 Mon. 21:51 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

晴れ間にて 

って題名を考えていたら、あっというまに梅雨が終わってしまった・・・

pentax67 135mm 400Tmax 201106-02

pentax67 135mm 400Tmax 201106-03

でっかなキボシカミキリ。3cm位ある・・・

pentax67 135mm 400Tmax 201106-09

庭に生えている草木は何か実がなるものが多い気がする・・・

Pentax 67 SMC macro-takumar 135mm f4 Kodak T-Max400
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 中判 Pentax67

Posted on 2011/07/15 Fri. 23:33 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

軒先の涼 

少し前の写真ですが

Taxona Acros 2011.5-35

アジサイの花も終わりましたね・・・

Taxona Acros 2011.5-37

暑い時期になりましたが、気分だけでも・・・

Zeiss Ikon Taxona Tesser 37.5mm f3.5 Fuji Neopan Acros
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: スクエア ZeissIkonTaxona

Posted on 2011/07/12 Tue. 23:02 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

石段 

pen 201103-37300018

猫と共に

Olympus Pen(初代) D.Zuiko 28mm F3.5 フジ業務用フィルム 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2011/07/08 Fri. 21:29 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

エェッ~フッッ! 

半年ほど前に職場のほかの部署からいらなくなったカメラを2台ほど頂いてきました。
一台は、相互リンクさせていただいているみのる太さんに差し上げたF2だったのですが・・・

F-01 R0011890

これが2台目。われらが Nikon F です。10年以上使っていなかったらしく、問題がありました。

というのは、巻き上げると同時にミラーアップ・絞り込まれてファインダーがブラックアウトしてしまいます。しかも本番のミラーアップの時にはミラーがアップされません。


さっそくレストアです!












・・・・・・と、行きたいところですが、いやしくも天下のニコンさまのフラッグシップです。
おいそれとは、開けられません。 

今回に限っては、さすがに自分の知識だけで分解するのは憚られたので、数年前に絶版となった大関通夫氏の「やさしいカメラ修理教室」を参考にしました。

この本を購入した当時は、NikonFのレストアなんて誰がやるんだろうくらいに思っていたのですが・・・

いるんですよ、こんな高価なカメラをばらす人が・・・w

F-02 R0011894

まず、銘板を外します。ネジだけではなく接着剤でも固定されています。なのでべりべりっと・・・

このHPをみてFを分解しようという酔狂な人はいない、というかいてはいけないと思うので細かくは説明しません。
今はこの本も別形態で再販されているので詳しく知りたい人はお金を出して調べてください。

F-03 R0011895

で、エプロン部と巻き戻し・ホットシュー側が分解できました。

F-04 R0011900

こっちは巻き上げ・カウンター部とシャッターボタン周り、シャッタースピードダイヤル周りの分解です。

シャッターボタン周りの分解が鬼門です。細かく説明はしませんが十分注意してください。

F-06 R0011902

今回の故障は、もちろんミラーアップ機構の異常が考えられるので、ミラーボックスを分離しなければなりません。

ミラーボックスを外すには前面の革をはがすのは絶対に必要です。
カメラの右側にはセルフタイマーがあるので、厄介な印象がありますが、Fに関してはセルフの周りのネジ4本を外すと、ユニットごと外れます。ネジ自体は5本あるのですが、他と異なる一本を外すとガバナーがぐらぐらするので外す必要はありません。

ちなみの赤い矢印はシャッターレリーズ系とのリンク金具です。セルフタイマーを戻すときにはかみ合わせに気をつけましょう。

F-07 R0011907

ミラーボックス+前板を外す準備ができました。

F-08 R0011959

前面に5本、接眼部下に2本ネジがあり、それを外すと、前板とミラーボックスが一塊になって外れます。

F-09 R0011909

ミラーボックスと前板は、ミラーボックス上の2本と横の2本を外すと分離できます。

F-10 R0011910

あーあ、やっちゃった・・・ の図。

実は最初に分解組み立てを一通りした後、少し経ってから本番の分解・修理を行っています。

F-11 R0011913

前板裏側レリーズ寄りです。
赤矢印のところが、レリーズ系からのリンクを伝えるところです。

F-12 R0011911

右側がおもにミラーアップに関連する部位です。
かなり複雑で、私も本を見ないと分かりませんでした。
軽く清掃し、各部の動きを観察します。
左に見えている太いバネがシャッターレリーズのバネです。
F-13 R0011919

左側はあっさりしています。
たてに一本通っている金具は、ミラーアップの力をシャッター幕を止めている金具を外すためのもののようです。

F-14 R0011916

ついでと言ってはなんですが、よく油切れになるのがミラーボックスの下にあるスローガバナーですね。
今回は関係ないので、眺めるだけです。右側のレバーがミラーボックスからのアームで押されるとシャッター幕が走ります。

F-15 R0011971のコピー

とくに大きく壊れているところはなさそうなので、清掃後組みなおしてみましょう。
まず前板とミラーボックスの連携を見ていきましょう(ここが一番大変)

1.レリーズとミラーボックスの連携
2.絞込みボタンとミラーボックスの連携
3.ミラーアップ関連の連携

この3つの連携に注意しながら、組みなおします。

一応、レリーズ周囲をば・・・

F-17R0011914.jpg

赤が前板・ミラーボックスとの連携部、
青がセルフタイマーとの連携部です。

F-18 R0011921

ファインダー交換式のカメラですが、ファインダー着脱部は巻き戻しレバーの近くにあります。これを外さないとミラーボックスが外れません。

いやぁ~ ニコンFのレストアは結構荷が重かった。
現状回復できるかどうかも分からない分解だったので、余裕がないといったらありませんでしたw
各部清掃だけで調子が良くなったので今回は結果オーライでしたが・・・

R0011974.jpg

一緒に付いていたニコンメーター2型をつけるととてもごっつい・・・

F2の甲高いシャッター音やミラーショックと比べると、Fはシャッター音は静かだしミラーショックも軽微です。
最高速が1/1000までしかありませんが、それを差し引いてもFはいいなあ~

おとにゃんが子供の頃にはカメラといえば父のニコンFでした。
実家では当時のFがまだ稼働中です。

まさか自分がFを使うことになるとはね(笑
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Nikon F System

Posted on 2011/07/05 Tue. 00:01 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 12

それでは 

さようなら・・・

Olympus35DC Kodak400 201012 37190009

Olympus 35DC F.Zuiko 40mm f1.7 KodakGold400
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Olympus35DC

Posted on 2011/07/03 Sun. 20:41 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 5

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村