銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

近所へのいつもの散歩 

rolleicord realla 201104-01

rolleicord realla 201104-03

このスクーター要らないのか?

rolleicord realla 201104-02

ローライコードでちょっとリッチな散歩スナップのつもりです・・・

Rolleicord III Schneider Xenar 1:3.5/75mm Fuji ReallaAce 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 中判 Rolleis

Posted on 2011/06/29 Wed. 22:14 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

なぞかめら 

先日休日出勤した職場のごみ置き場に、生ごみなどと並んでおいてあった箱の中からピカピカしたものがはみ出ているのに気付きました。

寄っていくとなんかカメラのようです。よかった梅雨の谷間で水没を免れたようです・・・

かなり汚れていたのでかなり磨きましたが・・・
へこみはまったく無く、傷もほとんどありません。

R0011951-1.jpg

はて、これはなんでしょう?
ファインダーは無く、マウント部も普通ではありません。周囲を捜してみましたが他に部品は無いようです。

軍艦部にはZEISS IKONの文字が燦然と輝いています。今までの経験では、これは顕微鏡や内視鏡で使うカメラのようです(Carl Zeissは研究施設や医療機関での光学器械をたくさん作っているメーカーです)

オリンパスも顕微鏡などを販売していますが、カメラ部にはシャッターやシャッターダイヤルが無く、巻上げがモータードライブで、顕微鏡側でのコントロールしかできないのでカメラ単体ではまったく使用できないのですが・・・

ライカMDのようなカメラなのでしょうか?残念ながらマウントは汎用のものではありません。

R0011946-3.jpg

上に載ってるのはキエフですが、底面はRFコンタックスに似ています。
でも良く調べてみるとコンタレックスのほうが似ているかも・・・

R0011948-2.jpg

巻き上げレバーをみるとやっぱりコンタレックスのような・・・
レバー周りにシャッターダイヤルがあります。

シャッターはT、B、1/1、2、4、8、15、30、60、125、250、500と立派に揃っています。
1秒がわずかに粘るようですがそれ以外はまったく問題ありませんでした。
シャッター音は静かで高級なシャッターと予想できます。

R0011950-4.jpg

裏蓋は完全に外れます。
シャッターはゴム引き布幕横走りです。残念ながら鎧戸ではありません。

R0011949-5.jpg

巻き戻し用のRはここに・・・

おそらくコンタレックスベースのプロフェッショナルユースの顕微鏡用のカメラのようです。

というわけで、マウントさえ何とかなればカメラとして使えそうです。
さてどうしようかな・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: カメラ

Posted on 2011/06/26 Sun. 00:09 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 16

ユニットバス 

旅行に行ってきました。

pentax110 24mm 201106 KodakGold200-15

pentax110 24mm 201106 KodakGold200-20

ブレ、ボケ、アレの三点セットw

Pentax Auto 110 24mm 1:2.8 KodakGold200
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 110判 PentaxAuto110

Posted on 2011/06/24 Fri. 11:34 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

整列!! 

どうも並んでるのが好きなようです・・・

pentax110 24mm 201106 KodakGold200-14

Pentax Auto 110 24mm 1:2.8 KodakGold200

1991年期限切れのフィルムを数本もらってきたのですが、意外と使えるようです。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 110判 PentaxAuto110

Posted on 2011/06/22 Wed. 00:01 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 12

整列! 

37210001 55 3.5

Nikon F2 Photomic Micro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5 Fuji業務用 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Nikon F System

Posted on 2011/06/21 Tue. 11:42 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

雨上がり 

mamiya16 acros 20110614-19

梅雨の合間に。

mamiya16 acros 20110614-20

滲んだ感じ

Mamiya16 Cute-Anastigmat 25mm f3.5 Fuji Acros100

フレームが写ってしまっているのもそれはそれでいい感じ。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 16mm Mamiya16

Posted on 2011/06/19 Sun. 06:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

駐車場にて マミヤ16試写 

先日レストアしたMamiya16の試写結果です。

mamiya16 acros 20110614-07

mamiya16 acros 20110614-09

時々露出オーバーになりますがおおむねOK。

今年とって60歳のマミヤ16ですが、これだけ写れば満足です。
kanさんにカラーの自家現像用液体を一式もらったので、今度はカラー逝ってみましょうか・・・

Mamiya16 Cute-Anastigmat 25mm f3.5 Fuji Acros100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 16mm Mamiya16

Posted on 2011/06/18 Sat. 13:56 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

終了 

37210018 55 3.5

やったのはうちの娘です。

Nikon F2 Photomic Micro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5 Fuji業務用 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Nikon F System

Posted on 2011/06/13 Mon. 22:13 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

性懲りも無くまた16mm・・・ 

先日、ブログにも載せたとおりMamiya16 Super の撮影に成功したおとにゃんでしたが、すっかり調子に乗ってしまったわけで・・・

mamiya16 restore-01

また、同じようなカメラを買ってしまいました。
ただし今回は初代Mamiya16です。
巻上げがまったくできず、シャッターが切れるのかどうかすら分からない。ヤフオクはやっぱり手を出さないほうが(笑
カートリッジが入っていたのが目当てで、カメラが動くかどうかは二の次だったので仕方ないのですが・・・

mamiya16 restore-02

2年以上前の記憶を手がかりに分解です。

mamiya16 restore-03

ここまでは、Mamiya16 Super とほぼ同じです。

mamiya16 restore-04

あっというまにバラバラになりました。

mamiya16 restore-05
シャッターの系列でもバルブの位置が異なっていることから予想はしていましたが、構造は意外に違います。

巻き上げ不能は各所の汚れによる固着で、すべてのカムをはずしてベンジンで清掃、各所注油でなんとなく動くようになりました。

mamiya16 restore-06

ガバナーがありません。

mamiya16 restore-07

シャッターチャージ後
ちなみにレンズ前玉ははずれます。少し傷があるようです。

mamiya16 restore-08

シャッターレリーズ後

動くようにはなったのですが、しっかり動くのは1/100と1/50だけで、バルブは1/100で切れてしまうし、1/25はバルブになってしまいます。
2速だけでもトイカメラとしては良いのですが、やっぱりある機能は使えたほうが・・・

mamiya16 restore-10

シャッター羽根はおっとっとのイルカのようです。
きれいに清掃し整形しなおします。

1/25はこれでそれっぽく動くようになりました。

mamiya16 restore-12

バルブが最速で切れてしまうのはなんででしょうか?
バルブにしたときの各所の動きを見ているとどうも、何も働いていない金具があることに気付きました。
本来ならこの金具が動いて中央の金具の動きを規制してバルブになるのですが、シャッターダイヤルを動かしても金具が動きません。
もともとはバネで反時計回りの力が加わっているはずが、バネが欠損しているようです。上記の写真では自作のバネを入れてあります。
これって分解品なのかしら・・・

mamiya16 restore-11

これが評判の(?)シャッターロック機構です。


ぱっと見、同じように見えるMamiya16シリーズですが、初代とSuperは相当違います。
細かく見ていきましょう。

mamiya16 restore-13

Mamiya16 Superはフォーカシングが出来ましたが、Mamiya16は固定焦点です。

mamiya16 restore-14

絞りは一緒。
ただしMamiya16 Superには内蔵フィルターがあります。入ってないけど・・・

mamiya16 restore-15

シャッターも違います。
Mamiya16 Super はB、1/2、1/5、1/10、1/20、1/50、1/100、1/200と高速域からスローまでが充実していますが、
Mamiya16 はB、1/25、1/50、1/100しかありません。バルブの位置も異なります。

とりあえずMamiya16のレストアは終了しました。

結局Bは時々Tのような挙動を示しますが、まあいいや。
週末に新しくフィルムを切出して、試写にでも行ってこようかな・・・

そうこうしているうちにまた同じような物をヤフオクで落札してしまった・・・
100円で入札しておいたらそのまま・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 16mm Mamiya16

Posted on 2011/06/09 Thu. 00:25 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

芸術との対話 

37170012.jpg

さて、理解できたでしょうか・・・

Olympus OM10 Zuiko Auto Zoom 35-70mm 1:3.5~4.5 Kodak SuperGold400

ちょっと前の写真ですが・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Olympus OM system

Posted on 2011/06/08 Wed. 23:11 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

16mmへの道 

Mamiya16 Superをレストアしたのは2年前のことでした。
フィルムを通さないままに、そんなに経ってしまったんですね・・・ 

最近どういうわけか、突然マミヤ16を使いたくなってしまいました。

となれば、早速フィルム作成の算段をしなければ・・・

ネットでいろいろ調べた結果、巻き止めのない赤窓式の中判カメラを使って16mmフィルムを切り出すことにしました。

16mm film-01

必要なものは・・・
ホルガ(中古で1000円 :今考えるとちょっと高かったw)
フィルム室にはまる木片(100円ショップで買って整形)
カッターナイフの刃(100円ショップにて)
木工用ボンド(100円ショップ)
50cmの定規(100円ショップで木片を買って整形)

16mm film-02

完成です!

16mm film-03

ホルガは一応遮光できているので、ここまで準備が出来ると明室でもフィルムを切り出すことが可能です。
今回作成した16mm切出し機「オートニャーン1号」では、残ったほうが127番フィルムとして使用可能です!

もちろん切出した後は、ダークバックなどのなかでフィルムマガジンの中に巻き込まなければいけませんが。

16mm film-04

右はミノルタ16の中に入っていた16mmフィルムですが、それに比べてやや幅が狭いようです。
とは言え、幅が太くなるとフィルムをうまく巻き上げられず、実際に露光される面は幅10mm程度なので少し狭い分にはあまり困りません。

16mm film-05

最初の50cmは試験用に切出したので、残りの30cmを実際にフィルムマガジンに詰めて、マミヤ16スーパーでざっと撮影してきました。
現像は、フィルムをメビウスの輪の如く張り合わせ、ブローニー用の現像タンクで現像しました。

ものすごく小さなモノクロネガが完成しました。

16mm film-06

調子に乗って、16mmフィルムが4本取れる、「オートニャーン2号」も完成ですw

早速ですが初の撮影結果です・・・

mamiya16superacros 20110603-09

思ったよりもしっかり撮れていますが、若干幕末風ですw

mamiya16superacros 20110603-01

マミヤ16スーパーはピントが変えられるので、近距離でも写真が撮れます。これは50cmまで寄った写真です。
意外としっかり撮れてますな。

Mamiya16 Super Coated-Cute 25mm f3.5 Fuji Acros100

とても普段使いには耐えられませんが、このカメラには画質以外の付加的な魅力がたくさんあります。
フィルムきりだしから現像まで、思ったよりもスムーズに出来たので、今後とも使って行きたいと思います。
110も同じフィルムだしね(笑
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 16mm Mamiya16

Posted on 2011/06/04 Sat. 22:57 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 9

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村