銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

年末三景 

EES2 BW011-1

EES2 BW010-1 

不況の年末ですが、来年は明るい年でありますように。

EES2 BW005-1

Olympus Pen EES-2, D Zuiko 30mm F2.8, Kodak Professional BW400CN
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/31 Thu. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

昭和猫 

EES2 BW022-2

露出がアンダーなせいかとっても重厚で粒子の粗い写真になりました。

EES2 BW022-1

昭和な感じですね。モノクロは楽しいなあ・・・

Olympus Pen EES-2, D Zuiko 30mm F2.8, Kodak Professional BW400CN
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/29 Tue. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

小春日和 

部活帰り・・・?

EES2 BW004-1

Olympus Pen EES-2, D Zuiko 30mm F2.8, Kodak Professional BW400CN
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/27 Sun. 00:09 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

ピスタチオジャー 

クリスマス前にコストコで大人買い。

EES2 BW009-1

ピスタチオジャーというらしい。
屋内での最短撮影距離の撮影のせいか、良い感じにバックがぼけてます。

Olympus Pen EES-2, D Zuiko 30mm F2.8, Kodak Professional BW400CN

以前セレンを乗換えたEES2の絞りが不安定になったので、絞りに注油を行い再度試写してきました。フラッシュモードでもオートが効くのが困りもの。また近いうちに分解精査の予定です。

そういうわけで年末年始はモノクロが続く予定です。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/26 Sat. 13:56 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

とうがらし 

f1.4で撮ってみた。

F20910031.jpg

後ピン? なんか不思議な光景・・・

Nikon F2 PhotomicA, Ai Nikkor 35mm f1.4S, Kodak Professional BW400CN
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Nikon F System

Posted on 2009/12/25 Fri. 22:29 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

廃棄物或いは重要資料 

立ち寄っているところのゴミ捨て場にカメラ関係の本が廃棄してありました。
こんなにたくさん・・・早速保護してきました。ほとんどが写真工業の増刊号でした。

camera books-1

発行年は昭和50~55年ころのものがほとんどです。
例えば・・・
「ファインプリントテクニック(平成4年)」「写真処方の特性と効果(昭和52年)」「暗室百科(昭和55年)」「フィルムデータブック(昭和53年)」

camera books-4

いまでは手に入らないような貴重な資料です。内容はとても難しくて、よく分かりませんが。
内容は明らかに研究者や開発者向けの内容です。数式やらグラフやらがたくさん出てきます。

camera books-2

「B/W現像引伸しテクニック(昭和50年)」「カラー写真現像/引伸し実技(昭和50年)」
のあれっ?もしかしてこれがあればカラーの現像も出来ちゃうんでは?
というか、はやくモノクロ現像始めなくては・・・



「新版ラージフォーマットカメラ(昭和52年)」
あっ、これは楽しそう。ちょうど中判カメラに興味が出始めたころですし。
魅惑の言葉が表紙にならんでいます。

camera books-3

ちょっと内容を見てみましょう。
ブロニカEC EC-TLについて・・・

camera books-9

マミヤM645のシステムについても、4ページにわたって細説してあります。

camera books-8

ネットで調べても出てこないようなことがたくさん書いてありました。

マミヤM645 1000Sの広告です。

camera books-6

ヤシカマット124Gの広告もあります。

camera books-5

欲しいと思っているカメラが発売された頃の雰囲気が味わえます。うれしくて息が苦しくなってきました。

フジフィルムのダークレスには引き伸ばし機もあったみたいです。ほかにも引き伸ばし機の広告がたくさんありました。

camera books-7

銀塩カメラ華やかなりし頃に当時にタイムスリップしたみたいです。
当時は洟垂れ小学生だったなあ・・・

お正月の読み物が確保できました。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: カメラ

Posted on 2009/12/21 Mon. 22:45 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

危険 

EE2 0912-11

火気厳禁です。

EE-2 D Zuiko 28mm F3.5 フジ業務用フィルム 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/18 Fri. 00:03 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

荒れ社 

EE2 0912-17

南房総には、幹線道路を少し入るとそこここに古い社があります。

EE2 0912-16

何かが出てきそう・・・

EE-2 D Zuiko 28mm F3.5 フジ業務用フィルム 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/15 Tue. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

今更ながら、Trip35のレストアをしてまいりました 

当ブログでは今まで、オリンパスのカメラをいろいろいじくってまいりましたが、ほとんどがハーフサイズカメラであり、フルサイズはOM-1しかありませんでした。

実は以前、Trip35のジャンクを酔った拍子に分解してしまい、気が付いたら修復不可能になっていたと言うトラウマがあるので(涙、本当は35RCや35DCのような格好の良いコンパクトカメラやオートアイのような個性的なカメラのジャンクを手に入れたいところですが、前者は壊れていると直せないでしょうし後者はなかなか出てきません。

仕方がないのでTrip35で我慢することにして、定点観測所のジャンクから選ぶことにしました。

trip-3.jpg

「オートダメ」と値札に書いてあった一台です。
しかし詳細に見てみると・・・
1.オートではどんなに暗いところでもシャッターが切れてしまいます。赤ベロは出ません。
2.フラッシュのモードでは、どの絞りにしても絞りが最小絞りの22のままです。

1よりどうもオートがいかれていると言うよりも、露出計の針や赤ベロのアームなどの固着による機械的なトラブルの可能性が考えられます。
2よりさらに異常が絞り込めます。絞りの固着が強く疑われます。
この機体のトラブルはセレンが死んでいるために起きているのではありませんが、あわせてセレンが死んでいるかもしれません。しかし確実にセレンの逝ってしまっている個体よりは望みがあります。
どうなっているか分からないジャンクカメラで、トリップの生命線であるオートにダメ出しをつけているにもかかわらず、2100円(税込)という法外な値段が付いていました。

おとにゃん:(店長に)もうちょっと、色付けてもらえませんかねえ、オート効かないんでしょ。
店長:いや、オートが効かないから2000円なんだけどな ブツブツ・・・
おとにゃん:(内心驚きながら・・・だってEEが効かないトリップ35なんて星のない夜空の・・・)だって絞りも動かないよ。
店長:(ごそごそカメラをいじりながら)・・・・・・
おとにゃん:もうちょっと、いきませんかねえ
店長:・・・じゃあ1000円で・・・

1000円でも高いと思いましたが、実はもう一台ジャンクの山から救出したカメラがあったので2台で2000円で引き取ってまいりました。

帰宅後、さっそく開けましょう(笑 
構造は以前レストアしたEES-2とほぼ同じはずです。

まず露出計の確認のため軍艦部を開けます。ネジは3本です。

Trip-14.jpg

精度はともかく、露出計は比較的元気に生きていました。ただしアンダーになっても赤ベロが上がってきません。しかしこの手のカメラは露出計さえ生きていればなんとでもなります。

trip-4.jpg

絞りまで到達するには前から攻める必要があります。
EES-2とほぼ同じ構造なので、ピントだけ気をつけてさくさく分解・・・

trip-5.jpg

本体からセレンへのケーブルの取り回しがきつくてこのままでは鏡胴が外れないので、底版と前版をはずす必要があります。

trip-6.jpg

ケーブルをまとめる金具が付いていました。これを緩めてケーブルを撓めます。EES-2には付いていなかったような・・・
ちなみにセレンのケーブル2本とフラッシュシンクロケーブル1本です。

trip-7.jpg

ゴチャゴチャ書きましたが、分解開始からここまで大体10分くらい。

あとは前玉のヘリコイドが切ってある中玉ユニットを3つのネジを緩めてはずすと絞りユニットが露出します。

trip-8.jpg

案の定、絞りが少しさびて固着していました。ベンジンで洗浄したらスムーズに動くようになりました。
このあと、中玉ユニットを戻したのですがフラッシュモードで絞りを2.8にしても絞りが5.6以上に開かない怪現象が出現。EES-2のときも絞りには苦労したので苦い思い出がよぎりますが・・・
中玉ユニットを固定する3本のネジですが、3本を均等に締めていくと開放になることが分かりました。
中玉にクモの巣状のカビがあったので、ついでにきれいに洗浄しました。

また似たようなカメラが増えてしまった・・・

trip-13.jpg

ちなみに一緒に買ったカメラは相互リンクしているとりぺんxでも紹介されたYashica Snapです。
実機を見るのは初めてでしたが、シャッターボタン周りの色や黒くて丸っこいボディがとてもかわいらしいですな。見た目よりもズシッとした感じもよろしい。状態も悪くないのですがなぜかTrip35の元値よりも安い1000円でした。プラスチックだからかなあ・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm OlympusTrip35

Posted on 2009/12/13 Sun. 00:18 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

秘め事 

EE2 0912-12

って程のものではありませんが・・・
コンタクトでも落したのでしょうか?

EE-2 D Zuiko 28mm F3.5 フジ業務用フィルム 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/10 Thu. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

落し物 

EE2 0912-18

落ちてますぜ・・・

EE-2 D Zuiko 28mm F3.5 フジ業務用フィルム 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/07 Mon. 21:49 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 5

ネズミーランドの裏 

ネズミーランドは人工島の上に作られています。
夢の国ではすこし歩くと・・・

EE2 0912-9

EE2 0912-10

それはそれで、うらぶれた感じがいいですね。

EE-2 D Zuiko 28mm F3.5 フジ業務用フィルム 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/05 Sat. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 5

Praktisixの由無し事?-巻上げトラブル、あるいは光線漏れ- 

実は昔から持っていたPraaktisixです。いまいち使えず困ってました・・・

IMG_1822.jpg

レンズは無銘 aus Jena 80mm f2.8。
戦後ドイツの東西分離によってCarlZeissも東西に分断されて本社のあったJenaはソ連の支配下に入りました。しかしCarlZeissの技術流出を阻止するためにアメリカ軍により技術者の多くはオーバーコッヘンに移動させられたそうです。このレンズは東西分断によりCarlZeissを名乗れなくなった頃のJenaが出した無銘のレンズです。鏡胴のデザインは後のBiometarとほとんど同じであり、同等の標準レンズと思われます。
ちなみにCarl Zeiss Jenaを名乗れるようになった後の広角レンズFlektogon 50mm f4.0も持ってます。

プラクチシックスはその後ペンタコンシックスへと発展、さらに現在のエキザクタ66へと続いて行きます。またソ連においてはキエフ6C、60が派生してます。もちろんすべておなじいわゆるペンタコン6マウント。ペトリマウントと似たようなスピゴット式のマウントですので過去のレンズ資産が生かせます。

ただし変わっているのは外側だけで、残念ながら最新のエキザクタ66でも機構はほぼ同じです。

有名な話ですが、これらのカメラには共通の弱点があります。
フィルム送りの不良で、コマかぶりがおきます。もちろんフィルム巻上げ量を調整する機構が備えられているのですが、おとにゃんのプラクチシックスはそれでは吸収できないほどコマがかぶります(1cmくらいかなあ)。
いまいち使えなかった最大の理由です。

IMG_1823.jpg

巻き上げレバーです。巻き上げ角は180度以上で決して使いやすいとはいえません。
ネットで見ると一定のスピードで巻き上げ、レバーを戻さないとコマがかぶると言う報告もあるのですが、おとにゃん号は、そんなことをしてもビクともしません(笑

ちなみにこの機体は、巻き上げたあとレバーを元の位置に戻す前に少し追加で巻き上げることでコマかぶりを防止することができます(完全に戻してしまうと巻き止めが働いてしまい追加巻上げができません)

で、試写の現像が上がりました。

PS003.jpg

上のほうになんかへんなものが見える・・・(涙

レンズキャップをしたままシャッターを切っても・・・

PS009.jpg

よく見ると、なんか規則正しい模様。なんか見たことがあるなあ・・・

あっ!

IMG_1817.jpg

そういえばフィルム室の上のほうにはモルトも貼ってない。
下のほうは、本体と裏ブタの重なり合う面積が広いので大丈夫そうですが、上部は重なり合いも少なくいかにも光線漏れしそうな感じ。

前、撮ったときには光線漏れは起こしてなかったんです。まあ、前はコマかぶりもなかったんですけどね。
カメラは生ものですね(笑

とりあえずモルトを張ってみました・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: カメラ

Posted on 2009/12/03 Thu. 10:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

よるペン? 

EFのことじゃありません。
EE2でもf3.5 1/30だと夜でも意外に写真が撮れます。

EE2 0912-7

EE2 0912-8

酔ってわけの分からないときの写真が多いのですが、今回は素面です(笑

EE-2 D Zuiko 28mm F3.5 フジ業務用フィルム 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/02 Wed. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

夢の国に行ってきました 

仕事で・・・

スーツにかばんで、すっかり会議モードなのに、
こんな電車とか・・・

EE2 0912-2

こんなバスとかに・・・

EE2 0912-3

乗せられて仕事をしてきましたよ(笑

でもEE2の試運転も兼ねていたので(ずっと前に直したまま放置してあった)、休憩時間には・・・

こんなのとか

EE2 0912-5火山があるです

こんなのばかり・・・

EE2 0912-4

撮ってましたとさ。

写真はすべて
EE-2 D Zuiko 28mm F3.5 フジ業務用フィルム 100

若干オーバー気味だが、露出はまずまず。やっぱりおとにゃんにはスナップだな。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ OlympusPen

Posted on 2009/12/01 Tue. 22:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村