銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

Mission#16「縦に撮る!」 

われら銀塩組のMission#16「縦に撮る!」のために撮ったのですが、お蔵入りになった写真です・・・

Vito B-3

VitoB Color-Skopar 50mm f2.8 Agfa Vista 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm VoigtlenderVitoB

Posted on 2009/05/30 Sat. 22:56 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

VitoBの純正ケースがないときは・・・代用してみました 

おとにゃんのVitoBには幸い革ケースが付属していましたが、一見したところ昔のカメラにありがちな吊り金具がついていないカメラに見えます・・・ケースに入れて使うのが嫌いなおとにゃん的には直接ストラップをつけて裸で使いたいところです。

よく見ると写真にあるように特殊な金具がついています。これはPraktisixに付いている金具にそっくりです。

ストラップ-1東西ドイツ揃い踏み・・・

ストラップ-3

金具は似ているのですが、残念ながら大きさが違い互換性はありません。
豆知識です。微妙な違いですがVitoBにはマミヤ67の、Praktisixにはマミヤ645の吊り金具があいます。

ケースがなくて困っている全国のVitoBファン、Praktisixファンの皆さん、参考になさってください!(笑
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm VoigtlenderVitoB

Posted on 2009/05/26 Tue. 23:56 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

楽しかったな~ 

帰りの電車にて・・・

vitob-6

楽しかったな~

VitoB Color-Skopar 50mm f2.8 Agfa Vista 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm VoigtlenderVitoB

Posted on 2009/05/24 Sun. 23:10 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

ぶーらぶら 

サルの檻の前

vitob-3

千葉市動物公園にて



一時ブームになったレッサーパンダの風太君もいました。
期待通り立ってました。

vitob13

VitoB Color-Skopar 50mm f2.8 Agfa Vista 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm VoigtlenderVitoB

Posted on 2009/05/20 Wed. 00:01 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

ジャンクのOM-1を手に入れた・・・初めての一眼レフレストア 

OM-1を見つけました。
MDと書いてありました。OM-1のマイナーチェンジ・モードラ仕様です。モードラは古いカメラには負担がかかるので、おとにゃん的には関係ないです。

OM1-1.jpg

ちょっと確認したところ、かなりジャンクなカメラのようです。

1.フィルムカウンター側に強いあたりがあります。
2.お約束ですが、結構なプリズム腐食があります。
3.フィルム巻上げができず、シャッターも下りません。

あたりに関しては、遮光には問題なさそうですがフィルムカウンターまで影響が行っていないといいですが・・・
プリズム腐食とフィルム巻上げのトラブルは報告が多いので何とかなるかもしれません。

カメラの勉強用に、家に連れて帰ってみました・・・電池を入れても露出計が動きません。3.に関連したトラブルかもしれませんが分かりません。

早速、底を開けてみました。ネジ4本を外せば開きます。

OM1-5.jpg

巻き上げ関連のギア・・・
よく報告されているのは、真ん中のギアの噛み合わせがずれているか、右のギアの上の金具の摩滅の2つです。この2つはうまく連携しているようですが、とりあえず真ん中と右のギアを外しました。

OM1-20.jpg

一番左のギアが正常とずれているようですが動きません。フィルム巻き上げれレバーでまず動くギアです。
小さいカニ目をはずしてもギアは外れませんが、その状態で巻き上げレバーを動かしたら左のギアがきれいに回転しました。何で直ったのか分かりませんが底のギアの問題だった様です。上の写真は直った後のものです(いじっている時の写真を撮るのを忘れました・・・)


それでは軍艦部を開けて、プリズムの修復です。
こんな感じで、巻き上げレバー、巻き戻しレバー、ペンタ部アクセサリーシュー取り付け部のリングを外します。

OM1-8.jpg

トップカバーの裏にも噂のモルトがべったりついています。

OM1-12.jpg

アクセサリーシューの台座の裏です。モルトでべったり・・・

OM1-13.jpg

プリズムにもモルトがべったりくっついています。

OM1-16.jpg

ガラスの面が見えるまで黒い銀蒸着面と一緒にモルトを剥がします。
すべてのべたべたになったモルトを剥がすのはかなり大変でした。

替えのプリズムなどはもちろん持ち合わせがありませんから、銀蒸着のはがれたところにアルミホイルを載せて修復します。プリズムが手に入ったら交換しよっと・・・

OM1-18.jpg

OM-2Nと軍艦部の比べっこです。
OM-1にはマイクロプリズムのフォーカシングスクリーンが載っていますが、OM-2Nのスプリット+マイクロプリズムに比べると大分フォーカシングしにくいです。交換できるみたいですが、とりあえずそのまんま・・・
人気があるのはメカニカルシャッターのOM-1ですが、正直な話、絞り優先オートがついているOM-2Nのほうが断然使いやすそうです。

OM1-7.jpg

ところで、動かなかった露出計ですが、VARTA V625U 1.5Vを入れただけでは動きませんでしたが、アルミホイルで下駄をはかせるとビンビン動きました。電圧がちょっと違いますが気にしません。

プリズムの腐食は完全には取り切れませんでしたが、完動のOM-1が手に入りました。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 一眼 Olympus OM system

Posted on 2009/05/18 Mon. 00:13 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

落花狼藉 

そのまんまです(笑

vitob-1

こんなことしたの、誰?

VitoB Color-Skopar 50mm f2.8 Agfa Vista 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm VoigtlenderVitoB

Posted on 2009/05/17 Sun. 00:10 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

心霊写真・・・ 

・・・ではありません(笑

vitob-4

VitoB Color-Skopar 50mm f2.8 Agfa Vista 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm VoigtlenderVitoB

Posted on 2009/05/14 Thu. 22:02 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 1

目測コンパクトのお初はフォクトレンダー! 

お初シリーズ第2弾! 
おとにゃんの、はちゃめちゃな銀塩事始の紹介第2弾です。

今日紹介するおとにゃんのお初は、50~60年代のコンパクトカメラのスタンダードであるピント目測カメラのお初です。

Voightlender VitoB大窓です。
VitoBには幾つかヴァージョンがあるようですが、F3.5に普通のファインダーのもの、F2.8のレンズに普通のファインダーのもの、そしてこの巨大なファインダーをもちレンズがF2.8の通称「大窓」といわれるものの3タイプがあるようです(本当はシャッタースピードなどもっとヴァリエーションがあるみたいです)。

で生まれて初めておとにゃんが手に入れた目測コンパクトは3番目の「大窓」と呼ばれるものでした。

vito-7

銀色の鏡胴はクラシカルでかっこいいですね。
Color-Skopar 50mm f2.8がついています。距離はフィートで合わせるのでメートルに換算しないといけません。ちなみにシャッターはプロンターSVSのようです。B~1/500でスローもついてます。

vitob-9 巨大なファインダー

この機体は残念なことに、すみに錆が見られますが、ファインダーの見え方はライカM3に匹敵する素晴らしいものです。鏡胴の直上にフィルムカウンターが逆さまについています。撮影者がカメラを少し傾けるだけで上から枚数が確認できる仕掛けです。Chaika2Mのカウンターとはえらい違いの親切設計です。

焦点距離50mm、開放2.8のくせにピント目測という、まったく初心者向けでないスペックを持ったカメラですが初心者向けでないのはそれだけではありません。

まず最初はフィルム室が開けられませんでした・・・

vitob-9コピー

まず?後ろから見て左側のノッチを矢印のほうにスライドさせます。?のフィルム巻上げノブがポップアップします。

vitob-11

カメラ底左のノッチを持ち上げ90度ひねるとフィルム室の底が開きます。

vitob-12

ようやくフィルム室の蓋が開けられるようになりました。

vitob-7

ようやくフィルムを装填することができます。
ちなみにこのカメラ、フィルムを装填しないとシャッターが切れないんですよね。それも最初は知りませんでした。

当たり前かもしれませんが、最初はピントは無限でしか合わせられず、露出もうまくそろわず写真を撮るのがいやになりました(笑
初心者の方は最初からこんなカメラを使ってはいけません(笑。初心者は広角レンズで被写界深度を生かして撮影するほうが楽しいです。

Vito B-12

Color-Skopar 50mm f2.8 Agfa Vista 100

ねぎぼうず・・・50年前のカメラとは思えない発色とシャープな写りですな。ここまでフルスペックのカメラなのにレンジファインダーを載せなかったのはなぜなのでしょう?まあ、おとにゃんには距離計は不要ですけどね・・・ww (* ̄ ̄ー ̄ ̄)

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm VoigtlenderVitoB

Posted on 2009/05/13 Wed. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

より道しない 

chaika-02

何が落ちてるの?

Chaika 2M Industar69 28mm F2.8 DNP CENTURIA 200
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ Chaika2M

Posted on 2009/05/11 Mon. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

おみくじ・・・ 

境内の裏手にひっそりと置いてありました。
やる気があるのか、ないのかよくわかりません分かりません。とりあえず電源は入っているようですが・・・

chaika-01

怖くてお金は入れられませんでした・・・

Chaika 2M Industar69 28mm F2.8 DNP CENTURIA 200
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ Chaika2M

Posted on 2009/05/09 Sat. 13:25 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

こどもの日です 

こどもの日記念(笑

天守閣かと思って近寄っていったら、ただの展望台でした・・・

chaika-09

chaika-06

Chaika 2M Industar69 28mm F2.8 DNP CENTURIA 200

千葉県いすみ市 万木城 にて
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ Chaika2M

Posted on 2009/05/05 Tue. 00:20 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

初夏のよう 

動くと結構汗をかくと思ってましたが、上を見上げると緑のもみじが青い空に映えていて・・・

chaika-08

Chaika 2M Industar69 28mm F2.8 DNP CENTURIA 200

3年前よりは、ましな写真が取れるようになったかな(笑
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ Chaika2M

Posted on 2009/05/04 Mon. 10:51 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

ハーフのお初はロシアンハーフ 

カメラと日々の由無し事では、いつの間にかハーフサイズカメラが主役になっていますが、何事にもはじめてがありまして。
おとにゃん初のハーフはこのカメラ・・・

Chaika2M-1

どういうわけか、おとにゃん初のハーフカメラはソ連製ハーフカメラ チャイカ2Mです。
チャイカシリーズはチャイカ、チャイカII、チャイカ3そしてこのチャイカ2Mの4種類が発売されました。
すべてスペックは一緒ですが、初代チャイカはレンズが固定式です。チャイカIIでレンズが着脱式になり、チャイカ3で非連動のセレン露出計を乗せました。チャイカ2Mはチャイカ3から露出計を取り払ったカメラでチャイカIIとスペックはまったく一緒です。
シャッターダイヤル以外の操作系が底に移動しています。

Chaika2M-6

左から フィルム巻き上げレバー、フィルムカウンター、フィルム巻き戻しノブ ・・・

フィルム巻き戻しノブがフィルムと同軸上にないのが分かりますか?
なんでわざわざこんな余計な機構を乗せたのでしょう?コレクター的にはおもしろいのですけど。
フィルム巻き上げレバーが底面右にあるのも非常に使いにくい。ヤシカハーフ17も巻き上げダイヤルが下にありますがあれは反対の左なのでまったく操作感覚が違います。
フィルムカウンターも底にあるので、枚数を確認するのもわざわざカメラの底を見なければいけません。

Chaika2M-3

軍艦部(?)です。といってもでかいシャッターダイヤルしかありません。
シャッターのスペックは B、1/30、1/60、1/125、1/250と15年ほど時代が違いますが、初代ペンとあまり変わりません。
安っぽいシルク印刷なのでシャッタースピードが消えかけている。これ以上消えないようにしなければ・・・

Chaika2M-7

もうひとつの余計な特徴。交換レンズもないのにライカLマウントと共通のねじ込み式マウントです。
交換レンズには諸説ありますが基本的に一般的には手に入らないので、交換を目的とした規格ではなさそうです。L39マウントのレンズではピントが合わないそうです。
ちなみに所有しているカメラでは、1枚目の写真を良く見ると分かりますが、レンズの位置がずれてます(笑

chaika-05

Chaika 2M Industar69 28mm F2.8 DNP CENTURIA 200

われら銀塩組のmissionに参加するため、久しぶりに引っ張り出してみました。
購入当時、カメラのことが良く分からないのに背伸びをしたのでピントも露出もぜんぜんだめで、思ったような写真が撮れませんでした。なんで初めてのカメラが、こんなアクの強いカメラだったんでしょう。
ところが3年ぶりに使ったところ、こってりとした写りは結構好みです。人間って成長するもんですね(笑
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ハーフ Chaika2M

Posted on 2009/05/03 Sun. 23:50 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村