銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

フジカ35FSのレストア 接着剤はいやよの巻 

フジカ35FSは典型的な大衆カメラなのでなかなか見かけないのですが、ジャンク箱で比較的綺麗な個体を発見したのでお迎えしてみました。

このカメラは、Ferdiさんkanさんといったカメラレストアの先達の方々から評価の高いので、楽しみです。

もちろん、それなりに不具合が・・・
1)ファインダーの中に何かいるw
2)手持ちのSR44を入れたら、露出計は動いているようですが振れがいまいち

まず1)から・・・
カメラからカラカラいう音がしていたので、振っていたら、突然ファインダーから露出指針が消滅しましたorz
どうも、ファインダーの中のなにかが外れて指針に引っ掛かっているようです。
ファインダーを開けてみましょう。

IMG_1691_R.jpg

軍艦部外しはトリッキーなところはありませんでした。

IMG_1696_R.jpg

ファインダー内には距離指針と露出指針があります。
垂直に出ているのが距離指針で、水平に出ているのが露出指針です。

この写真では露出指針は修正途中のため、少し上向きに曲がっているだけですが、軍艦部を開けた時には直角に曲がっていました。

軍艦部のファインダーの上に丸い穴がポッカリと空いていました。
裏側を確認すると、ファインダー内にフラッシュインジケーターの採光用のプリズムが剥がれて行方不明のようです。

接着剤の経年劣化によりプリズムが剥がれ露出計指針をひん曲げたあげく、カメラの奥に逃亡したようです。

R0014421_R.jpg

底板まで外して捜索した結果、露出計の近くでプリズムを発見しました。
プリズムとは言っても、プラスチック製の部品です。
写真ではホットシューの前方に丸い穴が空いているのが分かります。

ボンドで接着して修復です。

IMG_1705_R.jpg

底板を外したので、露出計の確認も・・・
ペンEEなどと同じようなギザギザがあり、くわえ込み式のAEになっています。

2)
で、肝心の露出計は動くようになったのですが、どうも適正露出より1、2段暗いようです。
電池は新品なので、Cdsが逝かれているのでしょうか・・・

とりあえず受光部のプラスチック製の窓が汚かったので拭いていたら、接着剤が剥がれて鏡胴内に落っこちてしまいました。

が、素通しになった途端、露出計はほぼ正確な値を示すように・・・
どうも、窓が黄変して減光して受光素子に届いていたようです。

落っこちた受光素子の窓は回収しておかないといけないので、レンズを前から開けていきます。

IMG_1712_R_20130107221305.jpg

8時の方向、受光素子のマスクのところに、黄変したプラスチックが引っ掛かっています。
これは清掃してもクリアにはなりませんでした。

クリアファイルから切り出して、接着して修復です。
露出計の反応は適正になりました。

R0014433_R.jpg

このカメラはプログラムAEではありません。
鏡胴の太陽マークが1/250、曇りマークが1/30です。二速しかありませんがシャッタースピード優先AEのようです。

R0014431_R.jpg

なんか、接着剤の経年劣化に振り回されてばっかりでした・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Fujica35FS

Posted on 2013/01/07 Mon. 22:27 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村