銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

石榴 

2012.10 KonicaI フジ業務用100 15_R

たわわです。

KonicaI/Hexanon 50mm f2.8/Fuji業務用100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Konica1

Posted on 2012/12/06 Thu. 22:14 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

禁止 

2012.10 KonicaI フジ業務用100 7

この前も同じような禁止の看板を撮ったような・・・

KonicaI/Hexanon 50mm f2.8/Fuji業務用100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Konica1

Posted on 2012/11/06 Tue. 01:11 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

疾走 

2012.10 KonicaI フジ業務用100 23

緊迫感はありませんが。

KonicaI/Hexanon 50mm f2.8/Fuji業務用100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Konica1

Posted on 2012/11/04 Sun. 22:33 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

お願い 

2012.08 KonicaI acros-11

まあ、良い感じです。

KonicaI/Hexanon 50mm f2.8/Neopan Acros100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Konica1

Posted on 2012/08/14 Tue. 23:58 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

Konica I のレストア 緑の生命体との戦い 

コニカのレンジファインダーカメラKonica I から III は、JFCの諸先輩方からも評価が高く、おとにゃんも以前から欲しいカメラの候補の上位でした。
しかしこのシリーズは人気が高く高価で手が出せません。

で、狙ったのはジャンク・・・

ボロボロのコニカ I が1000円でした。
まあ、1000円ならダメでもいいかと思って手を出したのが運の尽きw

まず、サイドに大きなヘコミがあって、フィルム室が開かない・・・
なんかフィルムが入っているようです。しかし巻き上げノブはビクともしないし、巻き戻しも出来ません・・・
シャッターは全部1/250くらいで切れているようです。
立派なジャンクです。






裏蓋ロックのカバーがありえないくらい内側に向かって凹んでいます。どうも落下品のようです。
ロック金具を露出してみます。

R0013958.jpg

ベコベコです・・・
ロック金具を固定しているネジを外し、裏蓋をこじって開きます。

R0013959.jpg

ボディの歪みは大きく、パトローネを噛んでしまい、パトローネが取り出せない状態です。
歪みは叩きだそうかと思ったのですが、端っこだったのでペンチで挟んでゆっくりと修正します。

富士フイルムの在りし日のカラーネガフィルム F-IIです。20枚撮りのようです。
おそらく昭和50年頃にこのフィルムを入れて撮影中に手を滑らせ落下して、にっちもさっちも行かなくなったものと推測されます。

う~ん。40年近く動いていないカメラか・・・

R0013963.jpg

ロック金具もまっすぐに修正します。
ボディに軽く亀裂が入っていたので、コニシボンドの黒いので埋めてオリジナルにはないモルトも貼って光線漏れを防ぎます。

巻き上げが動かないので、まず軍艦部を開けてみました。

R0013965.jpg

物凄くシンプル・・・
ファインダーの右に意味有りげなボタンがあったのですが、それはフィルム巻き上げ解除ボタンのようです。
いずれにせよ、巻上げトラブルの原因になるものはないようです。

R0013967.jpg

となると、底から攻めましょう。
まず三脚座を外して、底板を外します。

R0013972.jpg

緑のネバネバ未確認生命体でいっぱい・・・
巻き上げ軸とスプロケットを結ぶギアと巻き戻しボタンが固着しています。

R0013975.jpg

ベンジン浴で綺麗に・・・

R0013976.jpg

巻き上げ機構は綺麗になり、スムーズに動くようになりました。

R0013970.jpg

盛り上がって、ここまでバラバラ(笑

次は、最速でしか切れないシャッター(1/500はエキストラバネなので)

R0013981.jpg

コニカ自製のコニラピッドS
レンズは初期のヘキサーf3.5じゃなくて、ちょっと明るいヘキサノンf2.8がついています。

R0013986.jpg

シャッター自体はコンパーラピッドのコピーです。
シャッター羽根の粘りなどはなく、ガバナーをベンジンで清掃。

R0014035.jpg

ガバナーを元に戻した所、以前ローライコードでも経験しましたが、1/10だけが早く切れるというトラブルが出現。
前回はFerdiさんにお願いしてしまいましたが、今回は粘ってガバナーの位置を調整したところ、
なんとか無事に全速それなりに切れるようになりました。

B(バルブ)もそのまま切れてしまっていましたが、Bの制御は下の写真で、短い赤矢印が調速リングで内側に押し込まれると、長い赤矢印が内側に動きシャッターが開いたままになるようです。金具の位置を調整することで、Bも復活しました。

R0014088-2.jpg

貼り革は最初から一部パリパリでしたが、分解時にほとんどがバラバラになってしまいました。
そのため、以前タクソナの貼り革を直した時の余りを使って貼り直していきます。

R0014091.jpg

鏡胴部をフリーハンドで抜くのは至難の業なので、鉛筆で擦って輪郭を出す。

R0014092.jpg

革を張り替えるときには、鏡胴は外しておくと楽。

R0014108.jpg

ニコンSP風コニカIのレストア終了です。

27mmのフィルターが付いていたので、レンズは奇跡的に傷の殆ど無いものでした。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm Konica1

Posted on 2012/07/28 Sat. 00:37 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村