銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

ソナーの威力 また増えた・・・編 

このブログの傾向として、何か新しいものを手に入れて盛り上がると、同じ系統のアイテムが増えていくことがよくあります。

今回も・・・

IMG_2222.jpg

またやってしまいました。SX-70 Sonar OneStep です。
ソナー部に当たりがあり、一部かけているというジャンクでした(後ろから見ないと分からない)。

IMG_2230.jpg IMG_2231.jpg

ソナーはレンズ周りに距離指標があります。初代にはありませんが、誰がこの指標を確認して撮影するんだろう・・・

IMG_2235.jpg IMG_2234.jpg

SX-70 SonarはSX-70のなかでも比較的新しく、ストラップをかけるところがあり、三脚穴も開いています。

ソナーは大きくて折りたたむと特に邪魔です。しかも他のところはしっかりメッキしてあるのですが、ソナーのところはプラスチックがむき出しで強度的にもかなり落ちるようです。
おとにゃん号はソナーの角を当ててしまっていて、外装が一部欠落しヒビが入っていました。ボンドG17で接着し一部はパテで埋め艶消しブラックで塗装してあります。遠くから見るとあまり気にならない程度にはなりました。
ちなみにピントはしっかり合います。

IMG_2225.jpg IMG_2224.jpg 

上がAF、下がMF
MFになると切り替えレバーの下のダイヤルでMFが可能になります。
しかしファインダーは全面マットになっているので、オリジナルのSX-70のスプリットイメージに比べるとピントが若干合わせにくいです。
しかしおでこに燦然と輝く金色のソナーはとても優秀で、デジカメと比べてピントを迷うことがありませんし、結構正確です。

昔のポラロイド社の製品は電装系が比較的丈夫に出来ているように思います。現在所有しているPolaroid Land 320、340、SX-70、SX-70 Sonarとも露出計に大きな劣化は見られませんでした。

それにしても、フィルム代が高いっていうのに、なんでまた増えるかねえ・・・
ポラのフィルム代で数倍の銀塩写真が撮れるのに気づいた今日この頃です(笑
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: polaroid camera

Posted on 2010/04/29 Thu. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

PX100 Silver Shade を買ってみた 

先日レストアしたSX-70ですが、試写はしたもののフィルムが5年前に期限切れだったのもあって、露出があっているのかうまく撮れるのかがさっぱり分からない状態でした。

新フィルム発売の報を聞き 仕方がないので PX100 Silver Shadeの購入を検討しました。SX-70フィルムの代用品です。ISO150相当のモノクロフィルムです。

本家のThe impossible projectでは1パック1930円ではあるものの送料が3000円程度かかるため、相当大量に買い付けないとかなり損した気分になります。

いろいろ調べて、そのときフィルムの在庫があって一番安かったのがポラロイドをいろいろ扱っているon and on様で、2520円と(比較的)安かったので試しに購入してみました。

で、来たのがこれ・・・

pola001_edited-1.jpg

Polaroid SX-70 Land Camera , Polaroid 600 regular film 5年前に期限切れ

う~ん、この写真だと良く分からない(笑
一応カラーフィルムなんだけど、セピア色になりましたね。

IMG_2236.jpg

良く見たら8枚撮りなんですね。10枚じゃないんだ。  で、後ろにあるのが今まで紹介したSX-70でないのはご愛嬌(笑

IMG_2237.jpg

でも、底を見るとILFORDの文字が燦然と・・・ちょっと満足(笑

IMG_2238.jpg

今のフィルムは高すぎてしょっちゅうは使えない・・・(涙
早く国内に正規代理店ができて、1パック1920円で販売されるといいなあ・・・

ちなみにPX600も販売開始だそうですね。カラーももう少しで販売されるかも。

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: polaroid camera

Posted on 2010/04/26 Mon. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 5

100円ショップの恐怖! 底板修復 編 

底板をはずすときに、知らずに3枚におろしてしまったSX-70の貼り革ですが、下のアルミをベコベコにしてしまったので、戻そうと思ってもきれいに戻せませんでした・・・
接着剤が強力すぎです。分解することはあまり考えていなかったのでしょうか。

IMG_2095.jpg

アルミのお盆を加工しようかと考えながら訪れた100円ショップで、まさに今回のために製品化されたようなアルミ板を見つけてしまった・・・なんと両面テープつき!

IMG_2206.jpg

お盆と違って0.3mmと薄いので、剥がした革に合わせてアルミ板をカッターで切って整形します。

IMG_2207.jpg IMG_2210.jpg

ぴったりです!

IMG_2213.jpg

分解前と変わらない見た目に復活しました。

IMG_2215.jpg

100円ショップのあまりの品揃えのよさに空恐ろしさを感じてしまった・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: polaroid camera

Posted on 2010/04/14 Wed. 23:58 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

うちのポラロイドも復活したぜよ・・・編 

ネットを検索しても壊れた原因が簡単に書いてあるだけで、詳細な記載はありません。

とりあえず皮を剥がしたらネジがあるという予測のもと、底版の皮を剥がしてみました。

IMG_2094.jpg

ネジがありません・・・
実はこの皮は剥がしてはいけなくて、その下のアルミの薄い板ごと剥がさなければいけないのでした。

IMG_2095.jpg

その下にはみたことのないネジが4本。

George's Polaroid SX-70 pageを参考にさせていただきました。

どうもとっても小さなトルクスのようです。
規格はT-4です。おとにゃんは車も好きなのでトルクスレンチは持っていたのですが、一番細いものでもT-12しか手持ちがなく、全然合いません(涙
こればっかりはどうしようもないので調達しました・・・

IMG_2197.jpg

こんな細いトルクスもう使わないんだろうな・・・ポラの修理屋さんでも始めるか(笑

右にあるのはテスト用の空フィルム。知っている人は知っていることですが、SX-70の電源はインテグラルフィルムに内臓の電池を使うのでフィルムが入っていないと動作確認が出来ないのです。
600のフィルムは出っ張りが邪魔でSX-70のフィルム室には入らないので入れるにはちょっとコツがいります。

ようやく底板が取れた・・・
底板は金属かと思ったら、かなり厚くメッキされたプラスチックだった。
ちなみに底板をはずすには、ローラーの部分(フィルムの出てくるところ、フィルム室の蓋)をはずしたほうがスムーズに行きます。

IMG_2185.jpg

ちょっとカメラを振ると、こんな部品がみごと真っ二つでポロリ・・・

IMG_2174.jpg

本来ならこの赤矢印のところに入る部品です。

IMG_2180-1.jpg

モーターとカメラ各所に動きを伝えるギアを結ぶプラスチックのカプラーです。
これが失われることで、フィルム排出、ミラーダウンなど一連の動きが終了しないため、モーターが回りっぱなしになってしまいます。

何でこんな重要な場所にプラ部品が使われているのか!
もちろんSX-70も2代目以降は改良されているそうな。
本来であれば、改良品にリプレイスするべきであるが、代用品が思い浮かばないので・・・

IMG_2181.jpg

瞬間接着! 耐久性に関しては超難有りだが、おとにゃんのスキルでは仕方がない・・・

IMG_2182-1.jpg

赤い矢印がギアの軸です。モーターの軸につながるシャフト(ばね)とこのギアの軸の間にプラ部品を入れ込みます。
まずシャフトに差し込んで・・・

IMG_2183.jpg

この後はうまい具合に・・・口ではいえないが、狭い場所なので結構大変。
スキルのある人は、モーターからフレキをはずし、モーターをフリーにしたほうが作業がしやすいです。とりあえずSX-70レストア終了!

せっかくなのでSX-70の恥ずかしい写真を・・・


まあ電源部ですな。

IMG_2192.jpg


整然と並んだ、このカメラの心臓部。今回の問題の場所は右側にある。左側にはカウンターがあります。

IMG_2190.jpg


フィルム室を開けるレバーがあります。露出計からの情報がフレキで来ています。

IMG_2188.jpg


シンプル。カメラを畳むにはたすきを矢印の方向に倒すです。

IMG_2189.jpg

SX-70は畳めてこそ・・・

IMG_2202.jpg

でも、本当は結構大きいし重い。

IMG_2203.jpg

初期型なので、レンズ周りには距離指標はありません。向かって右が露出補正ダイヤル。600フィルムを使うときは黒いほうに目一杯回すと露出がまあまあ合います。左の赤いボタンがシャッター、その上のダイヤルはピントリングです。
ちなみに初期型は三脚穴もストラップを付けるところもありません。

IMG_2198.jpg

で、肝心の試写ですが・・・

IMG_2196.jpg

露出を調整してもハイキーな感じがしますが、5年前に期限が切れている常温保存のフィルムなので・・・
前回紹介した600のポラロイドカメラで撮っても同じような写りですし。

復刻されたフィルムを試してみたいものですな。でもちょっとお高いようです。もう少し安くならないものかしら。
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: polaroid camera

Posted on 2010/04/12 Mon. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

おめでとう!ポラロイドフィルム復活記念!!調子に乗ってみた編 

既報ではありますが、とうとうポラロイド社のフィルムが復活しました。→クリック!!Polaroid Film Foreverさま

おとにゃんはなんとこのときを予測し、大分前にポラロイドカメラを購入したのでした(うそです)。
なんとハードオフでジャンクを300円で買った直後にポラロイドフィルム製造中止の発表を知った衝撃は記憶に新しい・・・

IMG_2204.jpg

結局ピールアパートに走ったのは既報の通りです。

しかし、SX-70のようなおしゃれなインテグラルフィルムを使用したカメラが欲しい・・・
というわけで数ヶ月前にフィルム復活を見越して初期投資をしてしまったのですが・・・

IMG_2205.jpg初期型でした・・・

送られてきたSX-70は残っていたフィルムの中の電池が液漏れをしており不動でしたが、フィルム室からアクセスして電極を磨くことで復活しました。

喜び勇んで、残っていた600フィルム(数年前に期限切れ)を使って試運転をしていたら、数枚撮ったところでモーターが空回りしてミラーアップしたままファインダーがブラックアウト、しかもアップしたミラーが干渉して畳めなくなってしまいました。
いろいろ調べると初期型はモーター周りに弱点があり、よくある故障のようです。

最初の投資がおとにゃん基準ではオーバーしていたため、出来れば専門家に直してもらおうとリサーチしたところやはり一万円は超えるようで・・・
購入金額より高い修理代を払うのは癪だったので、がんばってみることにしました。

まあ、結構大変だったんですがね(涙
調子に乗って、手を出さなきゃ良かった・・・

でもSX-70がもったいないので続く・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: polaroid camera

Posted on 2010/04/11 Sun. 00:10 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 3

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村