銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

秋の久屋大通り 

昨年の11月にフィルムを切り出したボルタ判ですが、先日ようやく現像をしました。
なので写っているのは晩秋の名古屋は久屋大通です。

hobixJr SS-02

おしゃれなオープンカフェ?
これは、すごい、いろいろな意味で(笑

hobixJr SS-03

名古屋のテレビ塔です
スクエアフォーマットなので穴まで写ってます。それはそれでおしゃれ・・・

hobixJr SS-04

トイカメラとしてはすごいのでは?
カメラ女子の皆さん、これからはボルタ判の時代ですよ!

おとにゃんは当分使わないかも・・・

Hobix Junior 無銘レンズ Fujifilm NeopanSS 100 D76現像
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ボルタ判 HobixJunior

Posted on 2011/02/19 Sat. 21:35 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

変態一直線! ボルタ判とラピッド判・・・ 

ボルタ判のスプールを2本手に入れました。ベスト判に続く絶滅フォーマット第二段です・・・
なんか調子に乗っているようです(笑

カメラも手に入ったことなので、早速フィルムを調達しましょう。

bolta and rapid-01

裏紙が無いので、ブローニーの裏紙から切り出します。

bolta and rapid-10

ボルタ判の幅は35mmフィルムとまったく一緒なので、裏紙はスプールに巻いたまま35mmフィルムで高さを確認しながらカッターで切っていきます。

bolta and rapid-02

今回使用するHobix Juniorは28mm×28mmのスクエアフォーマットです。
ボルタ判のフィルムの裏紙にはもともとは31mmおきに数字がふってあるようですが、それでは余裕がなさそうなので32mmおきに数字をふってみました。

bolta and rapid-03

フィルムのほうは切る必要がありません。楽ですね。
ブローニーの裏紙にフィルムの始まりの跡が残っていたので、そこにテープで貼りましょう。
フィルムの終わりはテープで固定しません。

24枚撮りのフィルムを全部巻いてしまうと、スプールからはみ出てしまいます。
無理せずオリジナルと同じ12枚分で収めておくのがよいと思います。

bolta and rapid-04

ここからはダークバッグがないとどうしようもありません。
このなかで裏紙とフィルムをいったんすべてスプールに巻いたあと、裏紙の数字が1から始まるようにもう一本のスプールに巻きなおしてフィルム準備完了です。

bolta and rapid-05

フィルムが余ったので、残りはラピッドのカートリッジに詰めました。
ごそごそ探したら、ペンティが出てきました(笑

非連動セレン露出計が付いているペンタコン・ペンティIIのほうです。
ファインダー内に露出が表示されるので便利です。暗くて指針が見えませんが・・・
レンズはDomiplan 30mm 1:3.5
シャッタースピードはB、1/30、60、125

bolta and rapid-06

ボルタ判もラピッドも遮光に不安があるので、使う時までアルミホイルで包んで遮光します。

bolta and rapid-07

HobixJuniorのレストアです(笑
レンズが汚かったので掃除しました。
単玉です。絞りとレンズが一体化してます。絞りは8くらい?

bolta and rapid-08

シャッターはエバーレディーです。いくらでも切れます。シャッタースピードは1/30~1/100の間かしら・・・
バルブもフラッシュ接点もありますが、完全にトイカメラです。

週末、出張で名古屋に行くのでそこで試写かしら・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: ボルタ判 HobixJunior

Posted on 2010/11/08 Mon. 23:10 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村