銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

診察 

はい、お顔見せてくださいね・・・

Ricohflex7 2010.11 12

RicohFlexVII Ricoh Anastigmat 1:3.5/8cm Fujifilm RealaAce 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 中判 RicohFlexs

Posted on 2010/12/16 Thu. 21:49 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

夕暮或いはピント調整 

先日頂いて整備したRicohFlex Holidayと同時期に勢いあまって手に入れてしまったRicohFlex Model VIIですが、
楽しくピント合わせをして遊んでいたら、前群レンズがポロッと外れてしまいました。

なのでピント合わせをしなおして、テスト撮影に行ってきました。
最近BWが続いたので、カラーです。

夕暮れ時でアンダー気味なのはご愛嬌・・・

Ricohflex7 2010.11 06

水鳥が来ていたが遠くてよく分からん(笑

Ricohflex7 2010.11 07

被写体がゴミはいただけないが、水の質感はいいと思う。

Ricohflex7 2010.11 10

鄙びた建造物なのに、落書きが・・・

いいなあ、リコーフレックス・・・


ピントは大丈夫そう。
最速1/100ゆえ、明るいうちはかなり絞り込んで写さざるを得ないのだが、夕暮れ時なので絞りはそれなりに開けて撮っていた筈。

RicohFlexVII Ricoh Anastigmat 1:3.5/8cm Fujifilm RealaAce 100

R0010970.jpg

ケースのストラップは切れていたので、100円ショップのプラ版を加工してストラップが掛かるようにした。
2枚重ねてあるので剛性もそれなりにあるみたい。
キャップも100円ショップで径36mmの椅子の足のキャップを加工して装着。黒く塗ると見た目もまあまあ・・・

ちなみにHolidayのほうは、反射鏡が劣化してピントの山が捉えにくくて試写してません・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 中判 RicohFlexs

Posted on 2010/12/13 Mon. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 15

ゾンビ寸前リコーフレックスホリディを綺麗にしてあげよう 

先日、シャッター不良で修行に出していたRolleiCordが戻ってきたのですが、一緒に大分くたびれたRicohFlexを連れてきました。
まあ平たく言えばリンクさせていただいているすきもの屋管理人Ferdiさんから頂いたものです。

RF12GR.jpg

シャッター不動で相当くたびれたのを送ったとの事。
期待して待っていましたが予想通り腐乱死体寸前のRicohFlex Holidayです(笑
写真ではきれいに見えるのですが・・・ 相当なものでした。

早速分解です。

RF01.jpg

ここまでまったく悩まず5分で分解。ものすごい整備性ですな。
隅にさびが浮いてますね。

RF03-1.jpg

シャッターチャージとレリーズはひとつのリングで行なっています。
最初はこうなっていたのですが、確認してみると赤矢印がシャッターチャージ、黄矢印がシャッターレリーズで、シャッター自体は正常に動作しているようです。

RF02.jpg

リングの位置が間違っていました。
これがリングの正常位置です。シャッターはまったく正常でした。
前オーナーの誰かが一度分解して適当に組み上げたようです。

RF04.jpg

シャッター問題はあっという間に解決したのですが、レンズが本体と同じように汚れていました。
前玉も結構なものですが・・・

RF05.jpg

中玉です。カビやら、ゴミやら、グリスやら・・・(笑

RF06.jpg

3群3枚のレンズなので、これで全部。
エアダスターで大きなゴミを吹き飛ばした後、アルコールやらオキシドールやらでしっかり掃除しました。

テイクレンズのほうはかなりきれいになりました。おそらく写りには影響は無いのでは・・・

ビューレンズも簡単に3枚に分かれます。
ビューレンズは前玉にかなり拭き傷やコーティングの荒れがあったのですが、撮影には関係ないのでOKです。テイクレンズでなかったのはラッキーでした。ジャンクの神(略して邪神)のご加護があったんでしょうか?

RF07.jpg

ヘリコイドが固着しかかっていてピントあわせで手が傷だらけになってしまったので、劣化したグリスをベンジンで落としておきました。時間があるときにグリスを塗ってあげましょうか。

RF08GR.jpg

なんとホットシューが付いてます。現在仮組み中で半田付けしていないからシンクロしませんけど。
ピントは夜だったので室内で適当に合わせておきました。一度昼間に確認しておかないと・・・

RF13GR.jpg

シャッタースピード目盛と絞り目盛は同じ側についてます。リコーフレックスでもVIIまではシャッタースピード目盛りは逆側についてます。

RF09GR.jpg

ピント合わせのルーペは引き上げるときに指を引っ掛けるくぼみと不使用時ブラブラしないようにファインダーに引っかかる爪が追加されています。

RF10GR.jpg

フィルム巻き上げノブはコストダウンでしょうか、プラスチックになっています。おまけで感度覚えダイヤルがついてます。当時の価格は4900円だったそうですが、今の値段に直すと9万円だそうで決して安いものではなかったようです。

なんでそんなに詳しくなったのかというと・・・

















あまりの汚さに絶望して、きれいなリコーフレックスⅦも手に入れてしまったからです(笑
細かいところはともかく、スペックはほとんど同じじゃないのか・・・

RF11GR.jpg

最後の写真はGR digital IIIにて。どんどんリコーが増えてます・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 中判 RicohFlexs

Posted on 2010/09/15 Wed. 00:00 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村