銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

また110判フィルムを現像する 

すこし前に新しく出た110フィルム・Fukkatsuですが、10本セットを買ってしまいました。

R0015729R_20140112151637456.jpg

最初から自家現像が目的ですw

R0015735R.jpg

今回のフィルムは窓が開いていて撮影枚数がわかるので嬉しいです。

R0015733R-01.jpg

いくつかのブログで報じられているように、ISO100のフィルムですが、感度感知用の切り欠きが短くてこのままではISO400と認識されてしまいます。

R0015734R.jpg

割り箸を使って、ISO100に認識されるように小細工w




さて、自家現像してみましょう。
現像条件はD-76、20℃、7分です。

R0015737R.jpg

やや、ネガが薄いような気はしますが・・・

フォーマットは大分大きさが違いますね。

2014.01 auto110 20-40 fukkatsu-23

露出は悪くないようですが、う~ん、どうにもフレアはあるし解像度もなあ・・・

PentaxAuto110/PENTAX-110 ZOOM 1:2.8 20-40mm/110Fukkatsu BW100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 110判 PentaxAuto110

Posted on 2014/01/14 Tue. 00:01 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

稲刈り 

2013.08 auto110 20-40 orca-02R

千葉の稲刈りは早い

2013.08 auto110 20-40 orca-07R


2013.08 auto110 20-40 orca-05R

Pentax Auto110/PENTAX-110 ZOOM 1:2.8 20-40mm/Lomography Orca B&W 110

自家現像 D-76 20℃ 5分
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 110判 PentaxAuto110

Posted on 2013/09/01 Sun. 23:23 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

オート110 レンズコンプリート! 

だいぶ前になりますが、2012秋 いつも夏にお世話になっているタカチホカメラ天神店さんがツイッターのつぶやきで告知した福岡のクラシックカメラ市に出品するカメラの中に、PENTAX-110 ZOOM 1:2.8 20-40mmが入っていました。
なかなか珍しいレンズですが、このレンズが揃えばauto110のレンズがコンプリートなのです。

さすがにこれだけのために福岡に行くわけには行かないので(笑)、我らがすきもの屋のFerdiさんにお使いを頼んだわけですが・・・
先の夏の変態オフで引き取ってまいりました。

20-40 restore-1

これです。




さて試写を、と思ったのですが・・・
どうも中の方にカビが有るようですorz

20-40 restore-2

早速ですが、分解してみましょう。
銘板は接着されていました。私は嫌いです(笑

20-40 restore-3

前玉を外します。
中玉の前面に糸カビがあります。

20-40 restore-4

前玉の裏にもカビが・・・
両方とも清掃して組み直します。

20-40 restore-6

とうとうPentax Auto110のレンズ、コンプリートなのです!
色々探したら、三脚用アダプターがあったので、三脚につけてみました。

20-40 restore-7

とにかくでかくて(ボディに比べて)はみ出てしまいます。平らには置けません。

20-40 restore-8

これだけ見ると、レフレックスレンズをつけているようです。

20-40 restore-9

昔懐かしい直進ズームです。
35mm換算で40-80mm。
現代のズームレンズに比べると大したことがないですが、ズームレンズの小型化には当時としてはかなり苦労したのではないでしょうか。
まだ使ってないけど画角的にも使いやすそうです。

20-40 restore-10

レンズコンプリートです。
前列左から70mm(140mm)、50mm(100mm)
後列左から18mm(36mm)、18mmPanFocus、24mm(48mm)
ボディに付いているのが20-40mm

今ではなかなか見かけないレンズシステムですね。
そういえば、外勤先の近くのリサイクルショップで50mmが引き伸ばしレンズと勘違いされて売られていました。

20-40 restore-11

実は一番のお気に入りは800円で手に入れた18mmパンフォーカスレンズだったりしてw
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 110判 PentaxAuto110

Posted on 2013/08/26 Mon. 23:19 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

Lomographyの出した110フィルムを自家現像してみる。 

Lomography Orca 110 B&W Film っていうのが正式名称のようです。
24枚撮りですが、最初の4枚は光線漏れする可能性があるそうです。

R0013905.jpg

私は世界限定5000本という事だったので、慌てて予約しましたが、今でもここで買えるようです。→ click

早速 Pentax Auto110に詰めて撮って来ました。

おとにゃん的には、「自家現像して残ったカートリッジは再利用」が既定路線だったので、まずカートリッジの構造理解のために回収してあった使用済みカートリッジの分解練習をしてみました。

R0013896.jpg

今は無き、Kodak Gold 200 です。以前カメラのキタムラに出した時、カートリッジを回収させていただきました。
110フィルムのカートリッジは、現像時に裏紙を引っ張るとフィルムも出てくるらしいので、カートリッジを破壊する必要はありません。

しかし、カートリッジを再利用するときには、分解しないわけには行きません。
ただし、再利用を想定した作りにはなっていないので、そう簡単には分解できません。
フィルムレールに当たるところは、接着されていませんが、パトローネに当たるところ(フィルムが入っているところ)は接着されているため、カッターの刃でこじって二つにわけます。

R0013899.jpg

こんな感じ。

プラスチックが薄いので、割らないように注意です。

まあ、目視下でやらないと、指の一本や二本は・・・

R0013903.jpg

シールで遮光されていますが、カートリッジには数字窓は開いているようです。

裏紙がないことは知っていましたが、撮影が終わるとフィルムはカートリッジ内に完全に引き込まれてしまうため、いままでのカートリッジと同じように、フィルムを出すことはできません。

カートリッジの分解自体は、前述のとおりできますが、これではフィルムが感光してしまいます。暗所でやったら指が無事では済まない・・・
このフィルムの現像を引き受けてくれるところも、カートリッジは返却できないそうです。きっと再利用できないようなフィルムの取り出し方(破壊)をしてるんでしょう。

う~ん、困った。外注に出すんじゃ、お金もかかるしつまらないし・・・

調子に乗ってあと4本も買っちゃったよ・・・Orz


















というわけで、何とかしてフィルムのベロ出しを行わないと現像ができないので、フィルムが無駄になります(結構高かった)。
で、考えたのが、35mmのパトローネからベロを出すための、フィルムピッカーの技を応用したもの。

その名も、ワンテンフィルムピッカー!!

















なんてね・・・(笑

フィルムベロ出しの方法です。

1.要らなくなったクリアファイルを110フィルムの幅で二本作成します。

2.二本とも適当にアールをつけます。一本はアールを少しキツめにつけましょう。

3.まず巻き取り側のパトローネにアールのキツイ方を2、3cm差し込みます。

4.フィルムを巻き上げます。するとカッチっと小さな音がするので、そこでストップ。

5.アールの緩い方を上から重ねて、2、3cm挿入します。

6.二枚一緒に引きぬきます。


はい、フィルムの頭が出ましたね。フィルムのベロ出しに成功しました。とはいっても、ベロが出るまで4,5回トライしましたがね・・・

フィルム面が傷つくことはありませんでしたが、自己責任でお願いします。

R0013906.jpg

現像はD-76で20℃、LomographyのHPにはD-76の1:1で7分と書いてありましたが、面倒臭いので希釈なしで行きたいと思います。

20℃、6分で現像しました。
現像用リールなど持っていないので、普段16mmフィルムを現像しているように、メビウスの輪を作ってブローニー一本用のタンクに放り込んで現像を行ないました。

R0013911.jpg

こんな感じ。
16mmフィルムに比べて撮れる枚数が24枚と多いというのもあって、長さは75cm位あります(16mmは50cm位)

R0013910.jpg

フレームの外にシャチのマークとLomography Orca B&W 100の文字が書いてあります。市販のフィルムを切って詰めただけだと思っていたのですが、一応それ用のフィルムらしいですね。

なんか、全体的にネガが濃いようです。

2012.6 auto110 lomo110-01

Pentax Auto110/24mm 1:2.8/Lomography Orca B&W 110

補正すれば何とかなりますが、どうもそうとう露出オーバーのようです。

現像時間が短いのかもしれませんがフレーム外の文字は綺麗に現像されているし、1年間動かしていないカメラの問題もあるのかな・・・
オート110の電池が4年くらい入れっぱなしだったので電圧が落ちているのか、絞りの動きが鈍いのか・・・

自家現像もできるようになったし、電池を入れ替えて、二本め行ってみようかな・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 110判 PentaxAuto110

Posted on 2012/07/02 Mon. 17:15 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 14

ユニットバス 

旅行に行ってきました。

pentax110 24mm 201106 KodakGold200-15

pentax110 24mm 201106 KodakGold200-20

ブレ、ボケ、アレの三点セットw

Pentax Auto 110 24mm 1:2.8 KodakGold200
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 110判 PentaxAuto110

Posted on 2011/06/24 Fri. 11:34 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 10

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村