銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

覗込 

2013.11 KodakRetina1b Ilford FP4+ 19R

KodakRetinaIb/Schneider Xenar 1:2.8 50mm/Ilford FP4 PLUS 125
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm KodakRetina

Posted on 2013/12/22 Sun. 00:01 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

カーボンコピー 

2013.11 KodakRetina1b Ilford FP4+ 11R

トマソン物件

KodakRetinaIb/Schneider Xenar 1:2.8 50mm/Ilford FP4 PLUS 125
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm KodakRetina

Posted on 2013/11/30 Sat. 22:52 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

すれちがい 

2013.11 KodakRetina1b Ilford FP4+ 02R

新幹線から

KodakRetinaIb/Schneider Xenar 1:2.8 50mm/Ilford FP4 PLUS 125
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm KodakRetina

Posted on 2013/11/27 Wed. 22:14 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 8

何の店 

2013.11 KodakRetina1b Ilford FP4+ 14R

わけがわからないよ

KodakRetinaIb/Schneider Xenar 1:2.8 50mm/Ilford FP4 PLUS 125
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm KodakRetina

Posted on 2013/11/24 Sun. 22:15 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

買っちまった 

あまりに綺麗だったので、つい・・・

retina-01.jpg

ずっとほしいと思っていたコダックレチナ。距離計なし・露出計なしのやつです。

Kodak Retina I bです。そう書いてあるので間違いないです。

retina-02.jpg

非常に大事にされていたカメラのようで、外観は非常に美品なのですが、ファインダーに霞がかかっています。

軍艦部の分解はさほど難しくなさそうです。

retina-03.jpg

さっさと開けてみました。

ファインダーは非常に簡素なものです。

retina-04.jpg

上部のカバーを取ると、内部にアクセスできます。見苦しくない程度に清掃します。

retina-05.jpg

フィルムカウンターの周りにはシャッターボタン以外にもいろいろあります。
レチナはカウンター周りの操作が独特です。

カウンターは手動合わせの減算式。1 になると巻き上げがロックされます。カウンター横のボタンと後ろのスライド式のレバーはロック解除に使います。
また36と20の手前の菱型の印に合わせてボタンとレバーを操作すると自動的に20または36に飛びます。

と、そこまでは良かったのですが、よく観察するとどうもカウンターが2つづつ進んでしまうようです。このままだと12枚撮りで6枚しか写せません(本当は、なんとかなるんだけど)。

もう少し軍艦部内を観察してみましょう。

retina-06.jpg

赤く囲ったラックギアが、フィルム巻き上げに連動してカウンターを動かしています。
このギアは摩耗したり破損したりして故障の原因になるやつですね。

retina-07.jpg

軍艦部カバー裏を見ると、赤矢印が付いているネジが、先ほどのラックギアに押されてカウンターを動かしているようです。どうもネジのストロークが大きすぎてカウンターが進み過ぎるようです。
ネジが切ってあるので、矢印の方向に少しねじ込んでみたところ、カウンターが一つづつ進むようになりました。

コダックレチナIbのレストア終了です。

retina-08.jpg

コダックですがアメリカ製ではありません。ドイツらしい精緻さです。

retina-09.jpg

最近のコンパクトカメラと比べるとずっと大きいですが、ぱっと見た感じがとてもコンパクトに感じます。
しかも持った時の重量感もあり、レチナの中では色々省略された廉価版なのですが、なんとも言えない高級感。
貼り革の痛みも殆どありません。フィルム室を開ける仕組みもドイツらしい手抜きのない設計です。

retina-10.jpg

ドイツカメラ揃い踏みです。
ライカやコンタックスは買えないので、コレが精一杯です。
まあ、十分高級ですが・・・
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

category: 35mm KodakRetina

Posted on 2013/11/19 Tue. 00:04 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 7

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村