FC2ブログ

銀塩カメラの日々と由無し事 

徒然なるままに日暮PCに向かいて心に浮かびゆく銀塩カメラの由無し事をそこはかとなく書きつくるブログです。

厳重 

2018 NikomatFTN Fuji業務用100 21 Nikkor N 24mm_R

最近広角レンズばかり使っている
24mmはあまり使ったことのない画角だけど、あまり気にならない

Nikomat FTN / Nikkor-N Auto 24mm F2.8 / フジ業務用100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
↑ポチってくれるとうれしいです

category: 一眼 Nikon F System

Posted on 2018/08/18 Sat. 23:50 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

名古屋城 

201808 bessaL superia x-tra400 02 cs21mm_R

最近、21mmの画角でもあまり気にならない気がする

Cosina Voigtländer BessaL/Cosina Voigtländer Color Skopar 21mm f4/FujiSuperiaX-Tra 400
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
↑ポチってくれるとうれしいです

category: 35mm Leica

Posted on 2018/08/16 Thu. 00:05 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

スマホを使ったシャッタースピード調整 

レンズシャッターのシャッタースピードはシャッター羽根を見たり、音を聞いていればなんとなく分かるので困りませんが、フォーカルプレーンシャッターは先幕と後幕のスピードが異なりスリット幅が一定でなかったり、最悪シャッターが開いていない、というトラブルもあるのでシャッタースピードの確認(正確な数字というより、前後の幕の関係が正しいか)が必須です

さてブラウン管なき今、フォーカルプレーンシャッターのシャッタースピードの確認に使ったものはミニ三脚2つ・光源・スマホホルダーとスマートフォン

pentaxsv13_R.jpg

こんな感じで

pentaxsv14_R.jpg

簡単にシャッターのテンションを弄れるように底板は外してあります

おとにゃんのスマホは、解像度720pだと480fpsのスローモーション撮影ができるので、それで撮影して、目視で確認



テンションがうまく設定できないと、シャッターが開いたり開かなかったり・・・とか



そもそも、全く開かなくなったり・・・

とかするので、前後幕のテンションを上げたり緩めたりいろいろ試してみます



そんなこんなで、1/1000がしっかり開くようになりました
概算では1/500と1/1000の間くらいのスピードは出ている感じがします

印象ですが、1/1000さえほぼ正確に開いていれば、1/1000より遅いシャッタースピードはそれなりになるようです



1/500はこんな感じ
スリット幅は、ちょうど1/1000の二倍ぐらいになっているので良さそう
もちろん1/1000から1/15(1/15からスローガバナーが働きます)まで、撮影してみましたが、なんとなく大丈夫そう
ちなみに1/15未満は音と目視で確認しました





で、試写で実際に露出を確認
ほぼ撮って出し
ゴミなどを修正しただけで、露出や色味は全くいじっていません

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 01 1/1000 f4_R

1/1000 F4

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 02 1/500 f56_R

1/500 F5.6

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 03 1/250 f8_R

1/250 F8

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 04 1/125 f11_R

1/125 F11

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 20 1/60 f18_R

1/60 F1.8

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 21 1/30 f28_R

1/30 F2.8

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 22 1/15 f4_R

1/15 F4

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 23 1/8 f56_R

1/8 F5.6

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 24 1/4 f8_R

1/4 F8

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 25 1/2 f11_R

1/2 F11

201808 PentaxSV SuperTakumar55mm フジ業務用100 26 1/1 f16_R

1/1 F16

Pentax SV / Super Takumar 55mm f1.8 / フジ業務用100

pentaxsv15_R.jpg

買った当時のボディとレンズの組み合わせ
SVはフロントのエプロン部がクラシックカメラっぽくて良いです

これでフジタ66のシャッター幕交換のフラグが立ちましたね
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
↑ポチってくれるとうれしいです

category: 一眼 M42 mount

Posted on 2018/08/13 Mon. 00:02 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

Pentax SVのシャッターリボン切れは持病です 

2011年に名古屋のトップカメラの店頭で触らせてもらって、巻き上げレバーのスムーズな動きに一目惚れ
リボン切れの持病は知っていましたが、レンズと共にペンタックスSVを購入しました

気に入って使っていたのですが、なんと翌年の正月に遠征先でいきなりリボン切れで不動になりました
フィルムを2-3本通しただけだったのですが・・・

当時のスキルではとてもシャッター幕の交換はできず、7年間塩漬けにされていました
その後M42レンズを使いたかったので、安心のPentax SLを購入して、すっかりSVのことは忘れていたのですが

先日、リボン切れのフジタ66を頂いてしまいました
そうだ、フジタを治す予行演習にちょうどいいじゃないか・・・

pentaxsv01_R.jpg

というわけで押し入れの奥から出してまいりました
7年間、リボン切れたっきり、ミラーアップしたっ切り

pentaxsv02_R.jpg

シャッター幕も途中で止まったっ切り













さて、ばらしてみましょうかね

Pentax SVのシャッター幕交換については「ジャンクカメラの分解と組み立てに挑戦」に詳細に出ているし、ネットでも幕交換はそこここにアップされているので、詳細はそちらをご覧くださいな

pentaxsv03_R.jpg

フィルムカウンターはSVから自動復元式になったようで、結構複雑です
巻き上げレバーはカウンターを留めているネジが逆ネジ仕様なことが注意点
巻き戻しレバーもセルフタイマーノブもシャッターダイヤルも簡単に外れます

pentaxsv04_R.jpg

軍艦部はあっという間に御開帳

pentaxsv05_R.jpg

底板もフロントエプロンも簡単に外れます
エプロンのネジにはフランジバック調整用のスペーサーが入っているのだけ注意
うちのは向かって右の2つのネジにだけスペーサーが入っていました

ミラーボックスはネジ4本で止まっているだけ
ミラーボックスから底に出ているシンクロのケーブルを外すとミラーボックスはスムーズに外れます

pentaxsv06_R.jpg

先幕のリボンが両方ともちぎれていました

pentaxsv07_R.jpg

後幕はまだ大丈夫そうだったけど、ここで手を抜くとまた分解するハメになるので、シャッター幕はすべて除去

pentaxsv08_R.jpg

オリジナルは幕とリボンが一体だが、それだと作るのが面倒なので、別々に作って貼り付ける
幕もリボンもAki-Asahiさんで購入ました

pentaxsv09_R.jpg

リードペーパーをつけて軸を通すと良いみたい

pentaxsv10_R.jpg

まずは後幕から
竿はこのくらいの位置が良いらしい
先幕の竿は後幕の竿とほぼ重なる程度の位置が良いらしい

pentaxsv11_R.jpg

竿の位置関係が結構大事で、重なりすぎると引っ掛かって幕の動きが阻害されるし、重なりが少ないと間から光が漏れてしまいます
ちょっと斜めで接着剤も漏れてるけど、気にしないw

pentaxsv12_R.jpg

シャッター幕交換するなら、シャッターのテンション開放はお約束
幕を張り替えたら、底のラチェットネジを反時計回りに回してテンションを掛けていきます

以前は、フォーカルプレーンシャッターのシャッタースピード確認といえば、ブラウン管テレビにレンズを外したフォーカルプレーンシャッターのカメラを向けて、スリット幅を確認するのが定番でした

昔はテレビと言えばブラウン管テレビだったのですが、液晶の低価格化に地上波デジタル放送の開始と相まって、現在ブラウン管テレビはほぼ絶滅したと言っていいでしょう

ブラウン管が滅びた今、シャッタースピードを簡便に図るにはどうしたら良いでしょう

というわけで、いろいろ考えた末、最近多機能なスマートフォンのカメラを使ってみることにしました

pentaxsv13_R.jpg

続きはまたあした
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
↑ポチってくれるとうれしいです

category: 一眼 M42 mount

Posted on 2018/08/12 Sun. 19:22 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

アリの巣 

201808 mamiya six Lomography Color Negative 100 06_R

なんでこんなの撮ったのか

Mamiya Six/K.O.L. Sola Special 1:3.5 f=7.5cm/Lomography Color Negative 100
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
↑ポチってくれるとうれしいです

category: 中判 Mamiya6

Posted on 2018/08/10 Fri. 23:01 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村